デスクトップパソコンの高速化

デスクトップパソコンでは、主に3.5インチのSATAのハードディスクが使われています。これをSSDに交換して使うということもあります。

交換の方法は、ノートパソコンのSSD交換とほとんど同じですが、デスクトップパソコンでは、2.5インチと3.5インチの互換性をもたせるマウンタを使うなどの特徴があります。

このページでは、デスクトップパソコンの内蔵ハードディスクをSSDに交換する基本的な考え方、変換マウンタの仕組みなどを実例を交え解説しています。

交換

例として、スリムタイプのデスクトップパソコンを使って解説しています。

デスクトップパソコン

SSDを用意します。

SSD

マウンタは、2.5インチのSSDを3.5インチの大きさに変換するものです。

マウンタにSSDを取り付けることで、パソコンに内蔵されているハードディスクと横幅やネジの場所が合致するようになっています。

マウンタに取り付け

ケースを開けてハードディスクを取り外します。

ハードディスクの取り外し

SSDを取り付けます。

SSDの取り付け

両サイドのネジもハードディスクと同じように固定できるようになっています。このネジは、元々ハードディスクを固定していたものを使います。

ネジの固定

元々ハードディスクに付いていた電源ケーブルとSATAケーブルを取り付けます。

電源とSATAケーブル

元通りにケースを付けます。

ケースを付ける

認識されているかどうかは、BIOSで確認します。あとはリカバリーディスクでOSインストールを行います。

ノートパソコンのSSD交換との違いは、2.5インチのSSDを3.5インチに対応させる変換マンタを使うという点になります。

マウンタ

デスクトップパソコンの中のハードディスクは、マウンタという固定するものが使われていることがあります。メーカー製パソコンの場合、その形状は多様ですが基本的な考え方は同じです。

ケース内部のハードディスク格納場所。

ハードディスク格納場所

マウンタごと取り外します。

マウンタ

サイドのネジを外します。

サイドのネジ

ハードディスクの取り外し。

ハードディスクの取り外し

2.5・3.5インチ変換マウンタに取り付けたSSDを、ハードディスクが付いていたマウンタに取り付けます。

SSD取り付け

もともと付いていたネジを取り付けます。

ネジの取り付け

所定の場所に取り付けます。

マウンタの取り付け

デスクトップパソコンは、このような着脱可能なマウンタに取り付けられて パソコン内部に格納されていることがあります。この場合、マウンタごと取り出してハードディスクを取り外し、SSDの取り付けを行います。


2.5インチ・3.5インチ変換マウンタ

2.5インチのSSDを3.5インチに対応させるものを、2.5インチ・3.5インチ変換マウンタ、変換ブラケットといいます。

変換マウンタ変換マウンタとSSDの取り付けでは、ミリネジを使います。SSDの底面にはネジが付けることができるようになっています。

実際にSSDをミリネジで固定する前に、ハードディスクの場所やマウンタの場所に 変換マウンタだけを取り付けてみて、ネジ穴が合致するのを確認します。変換マウンタには方向があるためです。

ネジ穴が合致するのを確認した後に、SSDをケーブルが取り付けれるように向きを合わせて ミリネジで固定します。ネジは概ね変換マウンタに付属しています。

2.5インチ・3.5インチ変換マウンタは、以前SSDに同梱されており やや長めのものが使われていましたが、近年はSSDには同梱されておらず、別途用意する必要があります。

短めの変換マウンタ下からHDD、長めのマウンタ、一番上が短めのマウンタ。

短めの変換マウンタも、HDDのネジ穴と合致します。固定は左から1番目と2番目、1番目と3番目、2番目と3番目の組み合わせがあります。これはパソコンによって異なります。

SSDを変換マウンタのサイズに合わせてそのままネジで留めると、HDDのマウンタや3.5インチベイに収めることができますが、SSDが後方に移動することがあります。

この状態でも、電源やケーブルの取り付けはできますが、L字型のコネクタやケーブルそのものが短いという場合は、接続ができないということも考えられます。

スライドさせて固定そのため、SSDをスライドさせて固定することになります。


コネクタの地点この方法で、SSDのコネクタの地点を元のHDDと同じ場所にすることができます。

パソコンによってはこのような調整が必要な場合もあります。


短いマウンタでは、調整ができるものとできないものがあります。調整ができるものは、変換マウンタの底面のネジ穴が長く広くなっているものなどです。

長めのマウンタや短めのマウンタなど、どのようなマウンタが必要か、ケーブルの長さや形状、干渉の可能性などを確認する必要があります。

自作パソコンやBTOパソコンでは、SSDをケースの底面や側面に固定したり、金具に引っ掛けて固定するというPCケースもあります。このような点を考えれば、デスクトップパソココンでは 取り付けたデバイスが安定していること、SATAの電源とケーブルが確実に取り付けられていることが重要であり、SSDを固定する方法は それほど厳密さがあるというわけではないといえます。

クリーンインストール

HDDからSSDへの交換後にリカバリーディスクを使って、OSをインストールします。リカバリー、クリーンインストールともいいます。

基本的にパソコンの初期化はマニュアルにも記載されています。

ただ古いOS、例えば XP、Vista、初期のWindows 7(SP1未適用)のリカバリーディスクなどでは、SSDに対してインストールができないということもあります。

このような場合は、クローン作成での交換を行うことになります。

クローン作成

現在のハードディスクのプログラムやデータなどの環境を、そのままSSDにコピーして交換することを クローン作成ともいいます。

SSDのUSB接続クローン作成は、まずコピーを行い、その後 HDDとSSDの交換を行います。クローン作成を行う場合はは、SSDをUSB接続にします。

自作パソコンやBTOパソコン、一部のメーカー製パソコンなどでは、SATAのポートが空いていることがあり、SSDを内蔵させてクローン作成を行うこともできます。

クローン作成を行うソフトは、SSDメーカー提供のソフト、フリーソフト、有料ソフトなどがあります。

HDD取り出し

デスクトップパソコンは、ハードディスクの取り外しが簡単か難しいかで、SSDへの交換の難易度は変わってきます。ハードディスクの取り出しができなければ、SSDへの交換はできません。

そのため、デスクトップパソコンでは事前にハードディスクの取り出しができるかどうか、よく内部を確認する必要があります。

また一部のデスクトップパソコンでは、ハードディスクの底面にインチネジを取り付け、それだけで固定を行っていることもあります。この場合、変換マウンタを取り付けることができないということもあります。他に変換マウンタとの相性、SATAケーブルや電源ケーブルが短いなどイレギュラーなこともあり、いくつか例外の機種が出てきます。

ハードディスクを取り出したり、ケース内部を目視する際に、変換マウンタを取り付けることができるか?SATAの電源やケーブルが届くか?なども確認したほうがよい点になります。

変換ブラケット。

ノートパソコンの場合、底面のカバーを外せば、すぐにハードディスクにアクセスできるものが多いということと比べると、デスクトップパソコンでは、サイドパネルの取り外しを行い、さらに分解が必要ということもあります。

この点を考えると、総合的にノートパソコンより難易度が高くなるといえます。

しかし、デスクトップパソコンの特徴は、ノートパソコンより性能が高いパソコンが多いということです。上位のCPUや容量の多いメモリーを使っていることがあります。SSD交換後のパフォーマンスはノートパソコンより高くなることもあります。