Fujitsu ESPRIMO FMV-D5260 分解

Fujitsuには、法人向け事業者向けにデスクトップPCがあります。

ESPRIMOというブランド名です。ちなみNECはMATEというブランドです。

ESPRIMOはホーム向けのパソコンに比べるとシンプルで地味なのが特徴です。ESPRIMOには、ウルトラスモール型、コンパクト型、一体型 (Kシリーズ)がありますが、一番多いのはこのDシリーズだと思います。

型番は非常に多くて他にD5350、D5360、D5150、D5160、D3250、D3260などたくさんあります。チップセット、OS、CPUなど世代ごとに型番があります。パーツ構成をカスタマイズして購入することができます。DELLと同じです。

今回はFujitsuのESPRIMO D5260を分解してみました。他のDシリーズでも参考になるかと思います。
FMV-D5260です。よく見かけるパソコンですね。

D5260

背面のネジ2本を外してケースをあけます。

背面

ケース

パソコン内部。左上が電源、右上が5インチドライブとその下にHDD、手前がマザーボードという構成。Fujitsuのスリムタイプはほとんどこれですね。

パソコン内部

メンテナンス

基本的にXPは2014年4月までは使用できますから、メンテナンスして故障を防ぐというのも大事ですね。ESPRIMOに限らず、法人向け事業所向けのパソコンは、オフィス内が土足の環境である、書類ペーパーなど空気中の埃が多い、パソコンの稼働時間が長いということから、ホーム向けのパソコンに比べると内部に埃がたまりやすいというのはあると思います。

CPUのファンは、レバー(2箇所)を外すことで着脱が簡単にできるようになっています。よく考えられています。ドライバーはいりません。

CPUファン

CPUファンとヒートシンクのところによく埃がたまります。

埃

クリーニングしました。

クリーニング

メモリー上やメモリー周辺もよく埃がたまります。

メモリー周辺

電源部も同じくクリーニングポイントです。

電源




メモリー増設

メモリースロットは2つです。カスタマイズ購入した時の内容によりますが、512MBが2枚とか、1GBが1枚とか、1GBが2枚とかが多いのではないでしょう。パソコンの型番にもよりますが、最大では4GBまで増設できます。1GB×2、2GB×2がおすすめです。

対応メモリは、メモリ増設にて調べることができます。

HDD交換

HDDと光学ドライブはマウンタごと取り外します。
2本のネジを外します。

マウンタごと取り外して各ケーブルを外します。型番によっては、マウンタ下部に固定レバーが付いていることもあります。

マウンタ

スリムタイプの光学ドライブとFDDが5インチベイに収まっています。単純にこれは、5インチベイ×1、3.5インチベイ×1という組み合わせです。5インチペイはマウンタでスリムタイプの光学ドライブとFDDがありますので、これらを取り外せば、通常の5インチの光学ドライブに交換することができます。

側面のネジを外すことで、光学ドライブ交換、HDD交換を行います。

SSD交換

ひとつの選択肢としてHDDではなく SSDを使用するという方法もあります。ESPRIMOでは80GBのハードディスクを使用されていることがあります。Cが40GB、Dが40GBという振り分けです。これでも十分事足りるということがあります。要するに500GBとか1TBなど容量の大きいハードディスクにする必要がなく、高速化に重点をおくわけです。

法人や事業所では、やや重いアプリケーションや特殊な業務ソフトを使用していることもあります。例えばAdobe、CADなど。SSDを使用して高速化するということもできるわけです。

容量を気にしないなら、SATA2のintel SSD 320シリーズの40GB・80GB・120GBがいいかもしれません。Cのみで使用するなら40GB、C,Dでパーティションを分けたいなら80GB・120GBという感じです。

BIOS

SSDに交換したら、リカバリーCDでインストールを進めるだけです。現状の環境をそのまま移行するなら、HDD→SSDへクローン作成になります。






“Fujitsu ESPRIMO FMV-D5260 分解” への7件のフィードバック

  1. 64yersman より:

    大変助かりました

  2. pii より:

    ケースの開け方に手こずっていました。内部がスライドするとは!無事に中身が見れました。有難う御座いました。

  3. 通りすがり より:

    中古で格安で購入したものの清掃のやり方がわからず困っていました
    無事清掃でき大変役立ちました。ありがとうございました。

  4. admin より:

    管理人です
    お役に立てて何よりです。

  5. 通りすがり より:

    なかなか開けられずに苦労していました。ありがとうございます。

  6. Shin より:

    中古でESPRIMO D582/EX という品物を購入しました。事情があり、HDDを(←DtoD でした)別の物に乗せ買えて持っていたWin7をインストールしたのですが対象のマザーボードに適応する USB3.0 のドライバーが分らず現在使用できない状態です。どうしたら良いかお分かりでしたら ご教示願えませんでしょうか? BIOSを更新したら解決するのでしょうか?

    不躾な質問ですみません。よろしくお願いいたします。

  7. admin より:

    メーカー製パソコンでは、元々付いているリカバリーディスクやOSでないと使用することはできません。
    BIOS更新で使えるようなものでもありません。

    DELLやHPなどでドライバを公開している機種の場合は DSP版のWindowsをインストールして使えることがあります。

コメントを残す



サブコンテンツ