NEC 一体型 VW770/GS ハードディスク交換

NECの一体型パソコン VW770/GSのハードディスクを交換してみました。

他に類似型番として VW970GS、VW770/LS、VW770/JSとかあるみたいです。

VW770/GS 正式型番は、VW770GS68。CPUはサンディーブリッジ Core i7。

VW770GS

ハードディスク交換を行います。

背面の該当のネジを外します。本当はねかせて行ったほうがいいかもしれません。右上のカバーを開けるとメモリーがあります。

背面のネジ

こんな感じで意外と簡単に内部をみることができます。

内部

ハードディスクは中央にあります。

マウンタを固定しているネジとSATAケーブルを外します。

中央付近

上に持ち上げます。

上に持ち上げる

取り出したハードディスク。WDの2TB。新しいパソコンですがハードディスク不良です。

どのぐらい状態がわるかったかというと、かなり壊滅的な感じでした。Widndowsはもちろん起動しません。HDD regeneratorで調べると delays detectedが多数、不良セクタや代替処理中のセクタもありました。

WD 2TB

新しいハードディスクには SeagateのST1000DM003 1TBを使います。

Seagate 1TB

ネジ穴は合いますので マウンタに載せ替えるだけです。

ハードディスク載せ替え

元の通りに ネジをとめてSATAケーブルを付けます

元通りにする

BIOSで交換しているハードディスクが認識されていることを確認。

BIOSで確認

予め作成しておいたリカバリーディスクをセットして進めます。

リカバリーディスク

ディスクから起動するとリカバリーが始まります。

交換したハードディスクでもCドライブの領域は変更してリカバリーもできます。

領域変更

今回はCを150GBほど、残りはDドライブになります。

CドライブとDドライブ

リカバリー後起動してきますが、起動後にドライバやアプリケーションのセットアップが自動で行われます。そのままにしておけば勝手に終わります。

リカバリー後

ST1000DM003のベンチマークテスト。

ベンチマークテスト

という感じでハードディスク交換とリカバリーはわりと簡単な機種です。ファンの周辺には埃がたまっていることもあるのでついでにクリーニングしておくといいですね。






コメントを残す



サブコンテンツ