DELL Vostro 2520 分解

DELL Vostro 2520を分解してみました。

Vostro 2520は、Windows 7やWindows 8などが搭載されています。ディスプレイ 15.6インチ、チップセット HM75 Express、CPUはIvy Bridge 世代のCeleronやCore i3、i5など。いずれも2コア。

Vostro 2520。

Vostro 2520

DELL、HP、Lenovoなど海外のパソコンメーカーは、分解方法をマニュアルに記載していることが非常に多いです。いろんな部品をユーザー側で交換できるように配慮しています。

日本のメーカーにはほとんどこうしたことはないのですが、やはり文化の違いといったところでしょうか。この機種もマニュアルは用意されているのでそちらも参考にされるといいかと思います。

メモリー増設

バッテリーを外します。

バッテリーを外す

キーボードの爪は4箇所。

キーボードの爪

マイナスドライバーなどで爪を液晶側へ押し出す感じです。傷の付きにくいヘラとそういうものの方が良さそうです。

マイナスドライバー

コツがいりますが、うまく解除すればキーボードは外れるようになっています。

キーボード

キーボードを裏返すと、メモリーの増設ができます。

メモリースロットは2つ。メモリーは DDR3-1600(PC3-12800)が対応のようです。一部のものは PC3L-12800という低電圧・低消費電力タイプのものが使われています。PC3の後にLが付いているものです。基本的に今付いているメモリーと同じ規格のものであれば増設できると思います。

メモリー増設

ハードディスク交換

上の手順に続き、キーボードを外します。

キーボードを外す

黒いカバーを上に向けるとロックが解除されます。

ロック解除

ケーブル類を外します。

ケーブルを外す

黒い部分を上に押し上げるとケーブルは抜けるようになっています。

黒い部分を上にあげる

マザーボードに固定されているネジ2箇所外します。

ネジ2箇所を外す

ネジをすべて外します。緑の2箇所のみ長さが少し短いものが使われています。

底面のネジ

この辺りを掴んで左側から外す感じで行いました。

カバーを外す

カバーが外れ、マザーボードが見えます。

マザーボード

右下にハードディスクがあります。右にスライドさせると取り外すことができます。

ハードディスク

HGSTのAFTハードディスク 5400回転のものが使われていました。

HGST製 ハードディスク

5400回転のハードディスクなのでスピードはややのっそりした感じです。メモリーは4GBでは「遅い」ということが多いかもしれません。高速化をはかるならメモリー増設やSSD交換などになってくると思います。






コメントを残す



サブコンテンツ