PCマスターへの道 TOP > シェアウェア・有料ソフト > HDD Regenerator ハードディスクの不良セクタを修復する


HDD Regenerator ハードディスクの不良セクタを修復する

HDD Regeneratorというソフトをご存知でしょうか?このソフトは、ハードディスクの不良セクタを修復するというなかなか興味深いソフトです。regenerator リジェネレイターとは再生とか更生というような意味です。

HDDの不良セクタは、磁性の極性変化による物理的エラーによるものが多く、約6割程度はこの磁性のエラーといわれています。HDD Regeneratorは、磁性の極性変化による物理的エラーを回復することができます。HDDの不良セクタの約60%を回復・修復できるということになります。

HDD Regeneratorはシェアウェアです。Windowsにソフトをインストール後にUSBやCDなどの起動ディスクを作成して、そこから起動して使います。ハードディスクに不良セクタがないかどうかスキャンができ、また修復を行えます。ライセンス購入しない場合でもハードディスク検査のみは可能ととなっています。

ダウンロード

ダウンロードはここから。現在のバージョンはHDD Regenerator 2011です。

HDD Regenerator 2011

ここから先は前バージョンのHDD Regenerator 1.71で解説します。ほぼ同じと思われますので参考にされてください。

HDD Regeneratorを起動。

HDD Regenerator

起動ディスクを作成します。バージョン1.71では、USBかCDになります。クリックして指示に従いブートCDを作成します。

作成

使い方

HDD Regenerator CDから起動させた画面。接続されているハードディスクが表示されます。何かキーを打つと次の画面へ進みます。

起動

ハードディスクに対して行う作業を選択します。1はスキャンと修復、2はスキャンのみです。ここでは1を選択します。

スキャンを開始するセクタを入力することができます。HDD診断ソフトなどで不良セクタの場所が大体分かるときは大体の数値を入力してスキャンを開始できます。通常のフルスキャンならそのままEnterキーです。

開始

スキャンが開始します。進捗状況が表示されます。

進捗

不良セクタが見つかると赤のBの文字が出ます。そしてregeneratingと表示され修復作業が行われます。

不良セクタ

しばらくして修復が終わると、緑のRの文字が出ます。修復成功です。そのままスキャンは続きます。修復できなかった場合は、赤のBの文字のままです。

修復

そのままにしておけば、スキャンと修復が自動で行われていきます。

100%で終わると、画面が変わり結果が表示されます。HDDのどのセクタに不良セクタがあったかのMAP、不良セクタの数、修復できた不良セクタの数などが表示されます。ESCキーでプログラムを閉じます。

結果

delays detectedとは何か?

HDD Regeneratorでスキャンしていると、delays detectedというものが出てくることがあります。通常の不良セクタはBのマークですが、delays detectedはDのマークです。HDD Regeneratorは、海外のソフトなのでヘルプや解説サイトをみても何と記述されているかよくわからないのですが、あまりいい意味でないことは確かです。

このdelays detectedは、調子の悪いハードディスクで出てくることが多いです。不良セクタが多いハードディスクであったり、不良セクタ周辺のセクタであったり。不良セクタ予備軍のようなものではないでしょうか。delay(遅れ・遅延)という意味から、delays detectedは、セクタ読み込みの遅れが生じた、セクタ検査がうまくできずに次のセクタに検査を繰り上げたという意味ではないかと思います。

正常なハードディスクでもたまたまでることがあります。何度も同じ場所で出るようだと注意が必要です。

起動しないパソコンで検出された delays Detected。このパソコンのハードディスクはUSB接続で クリスタルディスクインフォで見ましたが「正常」と表示されていました。

つまり一見 異常が無さそうに見えても ハードディスクが何かしらのトラブルを抱えていることになります。珍しい事例ではあります。このハードディスクは物理フォーマット(ゼロフィル)もできませんでした。

delays detected

HDD RegeneratorのFAQマニュアルで 英語ではありますが解説されているようなので興味のあるかたはどうぞ。

AHCIからIDEモードへの変更

スキャンが突然中断して、メッセージが表示されることもあります。内容は「もしSATAがAHCIモードなら Compatibleモード(IDEモード)に変更してみてください」というもの。

このメッセージは、ハードディスクの状態が悪くスキャンがなかなか進まない時によく出てきます。

経験上の話にはなりますが、AHCIではなくIDEモードにしているときでも表示されることはあります。

メッセージ

ただもし AHCIモードならBIOSのSATAコントローラーの項目で、Compatibleモード(IDEモード)に変更することでスキャンが円滑に進むということもあります。

BIOS

逆にAHCIモードからCompatibleモード(IDEモード)にしてもあまり状況が変わらないこともあります。「ハードディスクの状態が悪くスキャンが難しいので SATAモードを変更してみてください」というのがメッセージの意味ではないでしょうか。

BIOSでAHCIやIDEモードの切り替えができるのは、比較的新しいパソコン・マザーボードになります。メーカー製パソコンでは初めからAHCIで固定されていて変更できないということもあります。


使用例

ネットなどで調べるとHDD Regeneratorを使用して読み込まなかったハードディスクが認識されるようになった、ブルースクリーンで起動しなくなったWindowsが復旧した、不良セクタでデータの読み取りができなかったのが読み取るようになった、などそれなりの効果が出るときがあるようです。

実際に私が行って効果があったのは下記のような点

    Windowsが起動しないパソコンにて、HDD Regeneratorを実行し、不良セクタを修復後に、Windowsが起動しデータ救出やクローンディスク作成に成功。

  • EASEUS Partition Master使用中、HDDに不良セクタがありエラーが出てパーティション分割に失敗。→HDD Regeneratorで修復後、パーティション分割に成功。
  • 不良セクタが多く、USB接続で認識しないHDD→HDD Regeneratorで修復後、HDDの認識とデータ救出に成功。
  • 不良セクタがあり動きの悪いパソコン→HDD Regeneratorで修復後、動作の改善

HDDクローンソフトでクローン作成中に、不良セクタが原因でエラーを出す時がありますが、場合によってはHDD Regeneratorで修復後にコピーというかたちを取れることもあります。

今回HDD Regeneratorを使用したHDDです。CrystalDiskInfo クリスタル ディスク インフォで代替処理保留中のセクタがあります。数は1つのようです。黄色で注意とあります。実際にHDD Regeneratorでは不良セクタを1つ検出して、1つ修復していました。

HDD Regeneratorで修復後。代替処理保留中のセクタが0になりました。

HDD Regeneratorは、代替処理が不可能なセクタ、代替処理中のセクタを修復していくソフトです。必ずしも全ての物理的エラーに対応できるわけではないし、調子の悪いHDDであれば、HDD Regeneratorで修復後にすぐに同じ箇所が不良セクタに戻るということはあります。ただそれなりに高い効果が出ることもありますので、非常に興味深いソフトであるといえます。

また、HDD Regeneratorは不良セクタのスキャンのみも可能なので、ハードディスク診断・不良セクタ診断のツールとしても使用することができます。

再発することはある

使用時間が100時間ほどとまだ比較的新しいパソコンのハードディスクに代替保留中のセクタが出てきました。Windows Update後にWindowsが起動しない、Winodows起動後もプログラムがほとんど起動しないなどの現象が起き、おそらくハードディスクに問題が生じているようです。

新しいハードディスク

HDD Regeneratorにて修復。

修復

パソコンは再度リカバリーとなりました。ハードディスクに問題があったため Windows Updateで正常に書き込みができなかったのが原因なのか、もしくはWIndows Update後にWidowsがなかなか起動しないため 強制的に電源を切ったのが原因なのか、定かではありません。

修復後

しかしその後、HD tuneというHDDのベンチマークソフトを実行したところろ、異常な値が出てその後 Windowsが起動しなくなりました。不良セクタ(代替処理保留中のセクタ)が復活したのです。

やはり不良セクタ(代替処理保留中のセクタ)が出たハードディスクというのは、再発しやすいというのがあります。病気を抱えてるという感じです。磁性の問題というか、何かハードディスク特有のものがあると考えられます。

ですから一度修復したから、それで直ったというふうに過信せずに、今後使用するパソコンなら、ハードディスク交換を考えたほうがよいということになります。

データ救出 事例

Windowsが起動しないノートパソコンからデータを救出しようと、パソコンからHDDを取り出し他のパソコンにUSB接続をしてみましたが、ハードディスクから「グッグッ・・」という正常ではない回転音が聞こえ全く認識できないことがありました。

HDDをパソコンに戻し、試しにHDD Regeneratorを起動させると、まだHDDを認識していたので、HDD Regeneratorを使用してスキャン・リペアしたのが下記の画像。かなりの不良セクタがありましたが、一時的にしろ不良セクタの修復に成功したところ。

修復

再度USB接続すると、相変わらず「グッグッ・・」と音は出ていましたが、しばらくするとハードディスクを認識。データ救出に成功しました。こうしたことも稀にですが可能となります。

データ救出

不良セクタが多く障害が大きい場合は、不良セクタが一時的に修復されても、しばらくするとすぐに不良セクタになる、あるいは不良セクタが増加するというパターンが多いので、HDD Regeneratorで修復できたといってもあくまで一時的な対処になることが多いようです。

不良セクタの多いハードディスクでは、この修復後のタイミングを逃さずに、すばやく作業すればデータ救出できる時もあると思われます。

起動しないパソコン復旧 事例

Windowsが起動しないパソコンでも、HDD Regeneratorの使用で復旧することもあります。

ブルースクリーンが出て、WindowsがしないパソコンのハードディスクをHDD Regeneratorで修復。起動しないため、データを救出しようとKnoppixを使用するもエラーが出ていました。Windows ファイルがあると思われるハードディスク前半の36ヶ所の不良セクタを修復。

修復

修復後に、起動ディスクを使用して新しいハードディスクにコピー。クローンディスクを作成。使用ソフトはAcronisやEaseus todo backupなど。ここでは300GB→500GB。

クローンディスク

コピーに成功したら、ハードディスクを交換してパソコンを起動させます。HDD Regeneratorで修復できている場合、Windowsが起動してくることもあります。HDD Regeneratorを活用するとこうしたことも可能になります。

起動

その後、チェックディスクをかけておくと効果的です。

チェックディスク

太刀打ちできない時もある

物理障害の大きいハードディスク (何らかの理由で不良セクタが膨大にあるハードディスク)では、HDD Regeneratorでも全く無力なときはあります。

Windowsが起動しない (BIOSでスマートエラー)、USB接続で認識はするもののパーティションが壊れて未割り当てになっていたハードディスク。

物理障害

なんとなくお分かりいただけるでしょうか・・

わずか390MBぐらいの領域で6万以上の不良セクタを検出しています。

なんとかできないかと、およそ3日間 HDD Regeneratorをフル稼働させたと思います。

修復されているようでも、実は全く無力で、USB等で接続してもパーティションが修復されることもありませんでした。再度HDD Regeneratorで試みてみるも修復したと思われた領域がほぼすべて不良セクタに戻っていました。

つまり全く意味をなさないこともあるということです。物理障害の大きいハードディスク、特にパーティションが壊れている場合などは太刀打ちできないことも多々あります。

あくまでHDD Regeneratorは復旧できたら、ラッキーぐらいの気持ちで使用するといいかと思います。




はてなブックマークに追加  Yahoo!ブックマークに登録


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.pc-master.jp/blog/soft/2211.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
HDD Regenerator ハードディスクの不良セクタを修復する from PCマスターへの道



PCマスターへの道 TOP > シェアウェア・有料ソフト > HDD Regenerator ハードディスクの不良セクタを修復する

Feeds
Meta
Link

Return to page top