残り少ないCドライブをどうするか?

パソコンは長く使用していると、データやプログラムの蓄積が増えハードディスクドライブの容量が不足してくるときがあります。

ハードディスクの容量が不足してくると、右下のタスクトレイに「ディスクの空き容量が不足しています」というメッセージが出ることがあります。

Cドライブ

ハードディスクあるいは Windowsの入っているCドライブの空き容量の不足は、パソコンのパフォーマンスの低下、アップデートやインストールができないなどのトラブルの原因となるので、早めに対処するようにしたほうがいいでしょう。

対処法

不要なプログラム・データの削除

まず、Windwosにインストールされているプログラムやユーザーのデータなどを削除することを検討します。

マイドキュメントやデスクトップにある不要なデータは、右クリック→削除で消していきます。ゴミ箱に入っているものも、確認した上で削除します。

インターネットでダウンロードした様々なファイルは、ダウンロードフォルダというところにあります。ここにダウンロードしたデータがたまっていることもありますので、確認します。

Windowsには、ディスククリーンアップの機能があります。効率的にクリーンアップできるフリーソフトもあるのでそれを利用する方法もあります。

確実に使用していない、今後も使用しないというプログラムは削除します。

データの移動

データは削除したくないという場合は、データを別ドライブに移動させます。

移動先は、外付けHDD、USBフラッシュメモリーなどです。

基本的にプログラムの移動はできません。デスクトップ上のデータなどが対象となります。My Documentsなどのシステムに関連するフォルダの移動は、基本的にパソコンに内蔵のDドライブなどがある場合に行います。

仮想メモリ

仮想メモリは通常Cドライブに設定されていますが、Dドライブがあるなら変更することが可能です。

仮想メモリをDドライブに移動させることで、少しではありますがCドライブの容量を広げることができます。

残りの容量が100MB、200MBなどで早急に対処したい場合は、Cドライブに設定されている仮想メモリを一時的にページングファイルなしにしてパソコンを再起動させます。

パソコンにもよりますが、500MB~4GBほどは確保できることがあります。

パーティション

Cドライブは容量が一杯だが、Dドライブはまだ空きが多いなど、CドライブだけでなくDドライブがある場合に有効な方法が、パーティションの割合を変更することです。

Windows Vista以降のOSでは ディスクの管理からパーテーションの操作を行うことができます。

しかし、パーテーション操作は間違うとデータが消えたりすることもあるので、注意が必要です。

フリーソフトなどを利用して、データ・プログラムを保持したままパーティションの割合の変更、Cドライブの拡張などを行うということもあります。

ハードディスクの交換

ハードディスクを交換すると、容量が増えパソコンのパフォーマンス向上も期待できます。80GBや120GBのハードディスクから、500GB、1TBなどの容量の大きいハードディスクに変更することもできます。

ソフトを使用することで、データ・プログラムなどの環境を維持したまま大きい容量のHDDにするということもあります。

メーカー製パソコン

メーカー製パソコンでは、もともと Cドライブの領域が少ない機種というのはあります。例えば、一部の法人向けのパソコン、30GB~60GB、120GBなどのフラッシュメモリー、SSDを搭載したパソコン、やや古い機種のパソコンなどです。

OSは、アップデートが行われるため、OSそのもののが使用する領域が時間とともに増えていきます。それほどデータやプログラムが多くなくても、OSや必要なプログラム、必要なデータで占有していることもあります。

そのためCドライブが少ないパソコンというのは、どんなにCドライブの不要なデータを削除しようとしても、削除できるものがなく限界になっていることもあります。

こうした場合は、上記の方法にもあるように、CドライブとDドライブのパーティションを操作して領域を変更するか、今より容量の大きいハードディスク交換やSSD交換を行うという方法が考えられます。