Lenovo G570 メモリー増設・HDD交換

Lenovoのノートパソコン G570のメモリー増設とハードディスク交換を行ってみました。

Lenovo G570。チップセット HM65 Express チップセット。CPUはサンディーブリッジ世代で Celeron B、Core i3、Core i5など。型番により異なります。OSは Windows 7。

Lenovo G570

底面のネジをゆるめます。

底面のネジ

カバーをとります。

カバーをとる

CPU(ソケット・ヒートシンク)、CPUファン、メモリー、ハードディスクなどが見えます。非常に分かりやすい構造です。

内部

このパソコンでは、メモリースロットは2つで最大で8GB。メモリーの規格は、PC3-10600(DDR3-1333)です。対応メモリーは、メモリー増設で調べることができます。

メモリースロット

2GBを2枚外して 4GBを2枚付けてみました。

メモリー4GBを2枚

ハードディスクは、固定している2本のネジを外してスライドさせると取り外すことができます。

2本のネジ

マウンタごとハードディスクを取り外します。

ハードディスク取り外し

マウンタのネジ 計4本をはずします。

新しいハードディスクに付け替えます。

ハードディスクを付け替え

元通りに取り付けます。

ハードディスク換装

BIOSで、交換したメモリーとハードディスクが認識されています。

BIOS

(追記:よく覚えていないのですが、ここから作成していたリカバリーディスクでリカバリーを行ったと思います。)

DELLやLenovoなど海外メーカーは、国内のメーカーと違って付属しているソフトウェアが少ないのが特徴です。プログラムは必要最低限になっています。

プログラム

リカバリーやリカバリーディスク作成は、すべてのプログラムからOneKey Recoveryというソフトを起動して行います。

リカバリーディスク作成

リカバリーディスクを作成をしておけば、ハードディスクやSSDへの交換も行いやすい機種といえます。



One Response to “Lenovo G570 メモリー増設・HDD交換”

  1. 加藤 より:

    写真では底面のネジが4本と緑囲みで示してありますが、私がメンテナンスしているG570では5本あります。この5本目はHDDとメモリの境目辺りにねじこまれています。製造時期によって違いがあるかもしれませんが、お知らせまで。

コメントを残す



サブコンテンツ