CPUの取り付け場所

マザーボードには、CPUを取り付けるCPUソケットがあります。

CPUソケットは、LGA1155、LGA1150というように形状やピンの数が異なります。そのため、CPUはそのソケットに対応したものでないと取り付けることができません。

CPUもマザーボードもパッケージには、必ずソケット名が記載されています。

このページでは、CPUとマザーボードのCPUソケットとは何か? IntelのCPUの実例を交えて解説しています。

Intel

IntelのCPUに対応したCPUソケットは、代表的なものに 以下のものがあります。

  • ソケット478
  • LGA775
  • LGA1156、LGA1366
  • LGA1155、LGA2011
  • LGA1150、LGA2011-v3
  • LGA1151(第六世代・第七世代 CPU対応)
  • LGA1151(第八世代・第九世代 CPU対応)

Cerelon DからCore 2 QuadまでのCPUがLGA775で、その後 Core iシリーズから LGA1136、LGA1155のように続いていきます。

一般的に普及しているCPUソケットは、LGA775LGA1156LGA1155LGA1150LGA1151で、一部のハイエンド向けのCore i7で、LGA1366、LGA2011、LGA2011-v3が使われています。

このCPUとCPUソケットは自作パソコンに限ったことではなくて、メーカー製のデスクトップパソコンでも同じです。ノートパソコンの場合は、モバイル用のCPUとCPUソケットになるので、別の規格、名称になります。

CPUソケットの数字はピンの数を表しています。数字が大きい世代が新しいというわけでもありません。また、マザーボード側のCPUソケットとCPUのソケットが合致しても、必ず動作するというわけではありません。最終的な確認は、マザーボードの対応CPUの一覧などで行うのが一般的です。

ソケット478Intel ソケット478。

一昔前のCPUソケットで、ソケット478のCeleron DとPentium 4に対応。

CPU側がピンになっています。ピン数 478ピン


LGA775Intel LGA775。

CPUソケット側がピンになり、CPUに接するようになっています。ピン数 775ピン。


対応する主なCPUは、Celeron D、Pentium 4、Pentium D、Core 2 Duo、Core 2 Quadなど。チップセットは、X48、X38、P45、G45、Q45、G41など。

FSBの概念があり、ソケットが合致しても CPUが対応していないということがあります。

LGA1156Intel LGA1156。

第一世代のCore iシリーズに対応。ピン数 1156ピン。


対応する主なCPUは、Pentium G6960、i3-530、i5-660、i5-750、i7-870など 第一世代のCPU。チップセットは、P55、H55、H57など。i7 900番台は LGA1366、X58でLGA1156とはソケットとチップセットが異なります。

LGA1155LGA1155。

第二世代 Sandy Bridge・第三世代 Ivy BridgeのCPUに対応。


チップセットは、Z68、P67、H67、H61など Intel 6シリーズ、Z77、Z75、H77、B75の7シリーズ。

LGA1150LGA1150。

第四世代 HaswellのCPUに対応。


チップセットは、Z87、H87、B85、H81など Intel 8シリーズ、Z97、H97の9シリーズ。

LGA1151LGA1151。

第六世代・第七世代のCPUに対応。


チップセットは、Z170、H170、B170、H110など Intel 100シリーズ、Z270、H270など200シリーズ。

LGA1151LGA1151。

第八世代・第九世代のCPUに対応。


チップセットは、Z390、H370などIntel 300シリーズ。第六世代・第七世代のCPUと互換性はありません。例えば、このLGA1151に、第六世代や第七世代のCPUを取り付けても動作はしません。

CPUソケットは見た目ではほとんど判別が付かないときもあります。基本的にマザーボードの仕様書やチップセットで分かります。

チップセットが分かると、CPUソケットが分かります。そして、そのチップセットとCPUソケットに対して、取り付けできるCPUが決まっています。

互換性

CPUは、第二世代と第三世代がLGA1155、第六世代と第七世代がLGA1151のように世代が変わってもCPUソケットが同じであることがあります。

例えば、第二世代と第三世代のCPUでは、マザーボードも第二世代と第三世代、正確にはそのCPUに対応したチップセットを搭載したマザーボードがあります。この世代間では、基本的に互換性があります。

つまり、第二世代のCPUを第三世代のマザーボードに取り付けたり、第三世代のCPUを第二世代のマザーボードに取り付けたりすることができます。

第六世代と第七世代のLGA1151、第八世代と第九世代のLGA1151でもこの互換性はあります。

しかし、基本的な互換性はあるものの、互換性を保つためにマザーボードのメーカーがBIOSのアップデートを公開するまで少し時間がかかったり、マザーボードによっては、対応するCPUが限定されるということもあります。

そのため、パソコンを自作する際やCPUの交換を行う際は、物理的な形状のCPUソケットだけの確認だけではなく、チップセットでの確認、マザーボードメーカーのWebサイトなどで対応CPUを必ず確認するというのが、一般的な方法となっています。

切り欠け

マザーボードのCPUソケットには、CPUがきちんと収まるように CPU側に切り欠けがあります。

LGA 775LGA 775の例。


LGA 1155LGA 1155の例。


切り欠けがあるため 間違って取り付けたりというようなことは、ほとんど起きないようになっています。

CPUソケット側のピンは、精密な構造となっています。

ここに異物が入り込んだり、CPUの着脱の際にCPUを落としたり、ピン上でCPUをずらしたりすると、ピンが曲がることがあります。ピン曲がりともいわれます。

マザーボードの故障に直結するため、CPUの着脱、取り付けの際は慎重に行う必要があります。