作業領域の拡大

現在使用している液晶ディスプレイが狭い、もっと広い画面で使いたいという場合は、ディスプレイを交換することもできます。

ディスプレイを交換すると、作業領域が増える、操作しやすいなどのメリットがあります。

このページでは自作パソコンやBTOパソコン、メーカー製パソコンでの液晶ディスプレイの交換方法について、実例を交え解説しています。

確認

パソコンの端子

今現在使用しているパソコンと液晶ディスプレイがどういう接続端子なのかを確認します。

液晶ディスプレイの接続方法には、主なものにVGAやDVIHDMIがあります。目視で確認することもできます。

VGA端子VGA端子。

自作パソコンやメーカー製パソコンでよく使われている端子です。ディスプレイ側も同じ端子になっています。


他の接続端子

パソコンによっては、接続端子は1つだけというわけではありません。マザーボードには2つ以上の端子があったり、グラフィックボードが付いている場合は3つあることもあります。

今現在 パソコンとディスプレイがVGA接続だとしても、DVIやHDMIも使用できることもあります。

グラフィックボードグラフィックボードのVGA、DVI、HDMI端子。


液晶ディスプレイ

パソコンの接続端子に合わせた液晶ディスプレイを選びます。

最近の液晶ディスプレイは、VGA、DVI、HDMIの3つの端子、あるいはいずれか2つの端子を備えた液晶ディスプレイが多くなっているので、基本的にどのパソコンにも対応できるようになっています。

液晶ディスプレイの端子VGA、DVI、HDMIの3つの端子を備えた液晶ディスプレイ


スピーカー内蔵

スピーカーが内蔵されているかどうかで、液晶ディスプレイから音が出るかどうかの違いがあります。

これも今現在使用している液晶ディスプレイがスピーカー内蔵なのかどうかを見ておくといいでしょう。パソコン本体から液晶ディスプレイにオーディオケーブルが接続されていればスピーカー内蔵ということになります。

スピーカー液晶ディスプレイから音が聞こえたり、スピーカーケーブルが接続されていればスピーカー内蔵。


スピーカー内蔵のものでない液晶ディスプレイにする場合は、別途スピーカーを用意して外付けとして使うこともできます。

画面の大きさ・解像度

解像度は、パソコンのグラフィック性能によりますが、よほど古いパソコン出ない限り、フルHD(1980×1080)の表示は可能です。グラフィックボードを搭載しているなら、まず確実にフルHDの出力はあります。

メーカー製パソコンなどでは、仕様書・マニュアルに表示可能な最大解像度が記載されていることがあります。

実際の交換方法

もともと使用していた液晶ディスプレイ。15インチです。ケーブル類を外します。パソコン側につながっているケーブルもすべて外します。要するに撤去します。

液晶ディスプレイ

新しい液晶ディスプレイ。21.5インチ。

新しい液晶ディスプレイ

ケーブル類は新しい液晶ディスプレイに添付されているものを使用します。電源、ケーブル(VGAやDVI)、オーディオケーブルなど。

添付品

液晶ディスプレイに電源、ケーブル類をつなぎます。

電源とケーブル類

パソコン側にケーブル類をつなぎます。。

パソコンとつなぐ

パソコンの電源をONにすれば、新しい液晶ディスプレイで使用できます。

ONとOFF

解像度の変更

画面の解像度は前のディスプレイを使用していた時の設定になっていることもあります。

以前のディスプレイ設定

画面の解像度。

解像度

パソコン側の解像度の変更を行います。最適な解像度を選びます。フルHDなら1920×1080です。

解像度の変更

変更後。解像度が増えると、作業領域が増えます。

フルHD

液晶ディスプレイの選び方

液晶ディスプレイを選ぶにあたっては、接続端子の種類、光沢・非光沢(グレア・ノングレア)、大きさ(インチ)、スピーカー内蔵の有無などになってきます。

最近の液晶ディスプレイは、VGA、DVI、HDMIのうち、いずれか2つ以上揃っていることが多くなっています。

特に人気のある大きさでは21.5インチ~24インチです。ゲーム用途などでは 27インチなどもよく使われます。

液晶ディスプレイは、パソコンと接続するとすぐに利用できますが、画面が表示されないという場合は、液晶ディスプレイの電源と入力切替が適切かどうか確認します。