DVDやブルーレイの再生・書き込み

自作パソコンでは、CDやDVDなどの光学ディスクを読み書きするパーツとして光学ドライブがあります。

光学ドライブには、主にDVDの読み書きまでできるものと、ブルーレイディスクの読み書きまでできるものとがあります。

このページでは自作パソコンで使用する光学ドライブの特徴について解説しています。

大きさ・規格

自作パソコンで使用する光学ドライブは、5インチ SATAが主流です。

他にも、古い規格のIDE(ATAPI)やノートパソコンなどで使用するスリムドライブなどがありますが、自作パソコンで使用することはほとんどありません。

光学ドライブ5インチ SATAの光学ドライブ。


SSDやHDDと同じSATA接続ですが、SATAⅡやSATAⅢという区分は特にありません。SSDやHDDと比べるとデータの読み書き速度が低速であるため、マザーボードのSATAⅡ、SATAⅢどちらに繋いでも速度はほとんど同じです。

種類

光学ドライブには、大きく分けてDVDドライブとブルーレイドライブとがあります。

DVDドライブ

DVDドライブというのは、DVDの読み込みのみできるDVDコンボドライブ、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMへの書き込みができるDVDマルチドライブ、DVD+RやDVD+RWなどにも対応している DVDスーパーマルチドライブがあります。

近年市販されているDVDドライブは、DVDスーパーマルチドライブがほとんどです。

ブルーレイドライブ

ブルーレイドライブは、DVDドライブの機能にブルーレイディスクの読み書きができる機能を追加したドライブです。

ブルーレイの再生までできるドライブは、BD-ROMドライブともいいます。

DVDドライブと同じで、ブルーレイディスクにも種類があるため、BD-Rには対応しているが BD-R LTHには対応していないということもあります。使用したいディスクが対応しているかの確認は必要です。

ブルーレイディスクは、DVDよりも容量が大きいためバッツアップ用や録画用などによく使用されます。

DVDよりも新しいメディアということもあり ブルーレイディスクの再生や書き込みではパソコンのスペックが最低限必要です。

SATAⅢ以前のなど世代が古いパソコンでは、ブルーレイドライブを取り付けても再生や記録ができないということもあります。目安としては、CPUがCore 2 Duo以上、メモリーが2GB以上、グラフィックボード 8400GS以上です。

またブルーレイディスクのコンテンツをデジタル接続して見る場合は、グラフィックボードやディスプレイがHDCPに対応している必要があります。VGAで接続した場合は、再生は可能ですが画質がアナログになります。

最近の液晶モニターやグフィックボードはほぼすべてHDCP対応ですが、古いモニターやグラフィックボードでは非対応ということもあります。

読み込み・書き込み速度

DVDドライブにもブルーレイドライブにも、それぞれのメディアに対してどれくらいの速度で読み込みするか、書き込みを行うかというものがあります。

各ドライブごとに、速度に微妙な違いはありますが、ほぼ横一線なのでどのドライブでもそれほど差異はありません。少なくとも昔のドライブに比較すれば格段に早くなっています。

読み書き速度は、年々高速化しているため、古いドライブを使用している場合では交換することで使い勝手がよくなることもあります。

取り付け

光学ドライブの取り付けは、主にPCケース前面から入れて取り付けます。

5インチベイPCケースの5インチベイに ミリネジで取り付けます。


ケーブルの接続SSDやHDDと同じく、SATAケーブルはマザーボード、電源は電源ユニットとつなぎます。


OSのインストール時はBIOS・UEFIに入るため、その際に光学ドライブが認識されているかどうか確認します。Windows上では デバイスマネージャーで確認することができます。

自作時も交換時もWindowsの標準ドライバで認識されるため、ドライバーのインストールなどは必要ありません。

自作パソコンの中でも取り付けが簡単なパーツのひとつです。

メーカー

光学ドライブは主に光学ドライブを専門とするメーカーが生産・販売しています。

Pioneer、Lite-On、日立LGデータストレージ、ASUSなどがあります。

バッファローやIOデータなど周辺機器メーカーが、リテール品として販売しているものは、これらのメーカーの光学ドライブが入っていることがほとんどです。

販売形態

光学ドライブは、バルク品とリテール品とがあります。

バルク品バルク品の光学ドライブ。簡易包装のパッケージでパソコンパーツ店などで販売されています。


リテール品リテール品の光学ドライブ。


付属品はメーカーや商品によって異なります。ベゼル・DVD再生ソフト・ライティングソフトなどがあります。

ベゼルというのは、プラスチック製のカバーで、黒と白など付け替えることができるようになっているものもあります。

2020年 現在人気の光学ドライブ

光学ドライブには、DVDまでの読み書きができるDVDドライブとBD(ブルーレイディスク)の読み書きまでできるブルーレイディスクドライブがあります。

パソコンを自作する際にはどちらかを選ぶかたちになりますが、用途や予算に応じて選択することになります。

低予算で自作するならDVDドライブ、BDを使用するならブルーレイディスクドライブになります。