パソコンパーツを組み立てる

パソコンを自作するというのは、自分で必要なパーツを揃え組み立てることです。組み立てられたパソコンを、自作パソコンといいます。

自作するというよりは、パソコンパーツを組み立てるというほうが近いといえます。

まず前提として、自作パソコンは必ずしも、推奨されるべきものであるというわけではありません。

ただ自作パソコンというのは一定の利用者や規模があり、マーケットとして存在しています。またパソコンの構成やパソコンパーツの役割、現在のテクノロジーの状況などを理解する上では関連の深い領域のひとつです。

このページでは、自作パソコンとは何か?メリットやデメリット、関連する用語を交えて紹介しています。

フェーズ

自作パソコンには、3つの段階、フェーズがあります。それは、準備、組み立て・OSとドライバのインストール、動作確認になります。

  • 準備・・・構想、パーツを揃える
  • 組み立て・・パーツの組み立て、OS・ドライバのインストール
  • 動作確認・・アップデート、ソフトウェアのインストール

準備段階では、予算や求める性能の明確化から始まり、パーツを揃えることになります。他に予備知識を身に着けたり、多少の工具を準備することもあります。

組み立て段階では、各パソコンパーツの組み立て、OSインストール作業を行い、パソコンが起動し使用できるようにするまでの作業です。

最後の動作確認は、インターネット・メール設定、OSのアップデート、必要なソフトウェアのインストールなど行い、パソコンを実用的なレベルで使えるようにする作業です。この作業は、ある程度の動作確認を兼ねることができます。

互換性

互換性自作パソコンのパーツは、ATXやMicroATXといわれる規格に沿って製造されているため、一定の互換性が保たれています。そのため様々なパーツを組み合わせたり、交換したりということが概ね可能となっています。

またマザーボードとCPUの組み合わせも、チップセットやCPUソケットによって制限が加わるため、マザーボードには取り付けができるCPU群は決まっています。

つまり、一見複雑に見える構成や組み立てというのも、ある程度の互換性やルールに基づいて行われているということです。

自作パソコンは、パーツの種類が多く、複雑な組み合わせが必要になるという印象もあるのですが、実際は使用する主要なパソコンパーツはほぼ決まっており、ある程度の互換性、ルールのもとで組み立てを行います。

パソコンパーツ

パーツ自作パソコンは複数のパソコンパーツで構成されており、それぞれのパソコンパーツも複数のメーカーによって提供されています。

どのメーカーを採用するかは、その人その人です。

何年も安定して使うことができれば、次回もそのメーカーを選択することが多くなります。コストが非常に低いにも関わらず、パフォーマンスが高いときも同様です。

逆に初期不良やサポートの対応、パーツ間の相性、早い段階で故障したりすると、次回はそのメーカーやブランドを変更するということが多くなります。

このようにどこのメーカーを使っているかはユーザーによって多様であり、組み合わせも多彩です。

性能、耐久性、添付ソフト、サポートなどを考えて、自分でパソコンパーツを組み合わせることができるのも自作パソコンの特徴です。

ただCPUに関しては、IntelかAMDしかありませんので、選択の余地はほとんどありません。ある意味、この2つのメーカーの信頼の上に自作パソコンは成り立っています。

デメリットとしては、パーツそれぞれに保証期間などがあるため、一定期間は空き箱やレシートなどを保管しておくことがあり、単純に場所を取るということがあります。また基本的な互換性があるとはいっても、しばしば例外的なことが起きることもあります。

メンテナンス性

修理やカスタマイズ メーカー製パソコンの場合、PCケース、マザーボード、電源がほぼメーカー独自の規格で作られます。そのため数年後これらの部品が故障した場合、代替の部品を探すのがかなり困難になります。

メーカー製PCの電源やマザーボードがどこかのPCパーツ店で販売されているか?というとまず販売されていません。そのため修理する場合はメーカーに出すしか方法がないということになります。メーカー修理の場合、修理期間が長くかかり、保障に入っていなければ修理費用も高額になるという傾向があります。

一方、自作パソコンで使用されるパーツというのは、パソコンショップで購入することができます。

電源が壊れれば電源だけ交換したり、数年後PCケースを交換したければ交換することができます。つまり修理やカスタマイズが比較的容易にできるということと、安価にできるという特徴があります。

またハードディスクの交換・増設、SSDへの交換などもメーカーや専門の会社に頼まなくても多少の知識さえ身につければ、自分できるようになります。

拡張性

拡張性自作パソコンは拡張性が高いという特徴もあります。

拡張性が高いというのは、グラフィックボードやPCIカード、ハードディスクなどの増設や追加ができるということです。


ハードディスクを例にとるとメーカー製パソコンの場合、ほとんどの機種でHDDは1台までしか搭載されていません。あとから2台目のHDDを増設しようとしても、物理的にできない機種がほとんどです。

一方、自作PCの場合は、PCケースにもよりますがATX型のケースでは、2台目3台目のHDDの追加は、ほぼ標準でできるようになっています。

ハードディスクの他に、グラフィックボード、TVチューナー、サウンドカード、CPU、メモリーなど用途に応じて様々なデバイスを交換・増設できます。

拡張性が高い、スペックを上げることができるということになります。

このようにメンテナンスや拡張がしやすいということは、作業がしやすいということです。ケース内部、接続されているパソコンパーツへアクセスしやすい、アクセシビリティが高いということになります。

しかし、一般的に使われているミドルタワーとよばれるケースでは、筐体が大きい、デザインが単調と感じる人もいるので、小型の筐体、デザインを重視するという場合は、ケースの大きさはデメリットになる場合もあります。

テクノロジー

パソコンパーツ自作パソコンの最大の特徴は、最新のパソコンパーツを利用することができるということです。

例えば、チップセットやCPU、SSDなどが発売されたら、新たにパソコンを自作したり、SSDやグラフィックボードなどパーツ単体で交換を行って使用するということもあります。つまり、最新のテクノロジーを体験することができるということです。

もちろんメーカー製パソコンでも、徐々に新しいチップセットやCPU、ストレージなどは使われていくのですが、やや遅れて登場するということと、ひとつのパソコンとして製品化されるため、細かいメーカーや型番は選ぶことはできない、新しいテクノロジーであっても採用されないことがあります。

自作パソコンではある程度 自分の意志で選択できる、自由度が高いということができるといえます。

マルチメディア

近年は特にマルチメディアの時代へと移行しつつあります。

マルチメディアというのは、写真や動画など多様な情報をいいます。情報量や作業量が増大している傾向にあります。

例えば、一眼レフカメラのRAWデータ、RAW現像、4K、ハイレゾ、動画の作成や編集、3Dに対応したCADソフトなどがあります。

このような作業は、一般的にパソコンのスペックやデータを保存する領域なども考える必要が出てきます。パソコンというよりも、作業を円滑にする システムとしての役割を求められます。

メーカー製パソコンでは限界が生じることがあります。そのため、ある程度性能の良いパソコン、グラフィックボードを搭載したパソコンを選んだりする必要も出てきます。

このようになってくると、総合的に性能がよく、ハーディスクなどを複数搭載できるなど拡張性のある自作パソコンが選択肢としてあがってくることがあります。

順応的対応

自作パソコンのユーザーといっても、様々な人がいます。時期やきっかけ、関わり方も異なります。

自作パソコンを保有しているが、インターネット検索などライトユースの場合もあれば、動画などのマルチメディア作成、情報発信も積極的に行う人もいます。またメインのパソコンはメーカー製のノートパソコンで、自作パソコンはサーバー的な用途で使ったり、自然科学分野の統計や解析で自作パソコンを用いるということもあります。

このように、ひとくちに自作パソコンのユーザーといっても、そのスキルや関わり方というのはかなり多様であるということです。

そのため、久しぶりに自作パソコンを作ろうと思ったら、テクノロジーが進歩していて用語や機能が分からないということもあります。自作パソコンユーザーとはいえ、パソコンのことがすべて理解できているわけではないということです。

そのため、検索して調べたり雑誌で確認するということもあります。ある程度のことは、互換性によってサポートされたりして事なきを得ますが、パーツを組み立てれば必ずパソコンができる、安定して動作するという完全さをはじめから想定することはできません。

ある程度、何が起こるか分からないという不確実性を想定します。そして順応的に対応するということです。ひとことでいえば、情報を主体的に取得する、自分で考える力を養うということなります。

しかしこの点に関しては、時間などのコストがかかるため、人によってはデメリットともいえます。はじめはできるだけリスクを減らし、確実な自作パソコンを使ってみたいということもあります。こうした場合は、BTOパソコンという方法もあります。

先行者

マーケティング用語に、イノベーター理論という言葉があります。

イノベーター理論とは、ある商品が普及するまでの過程を消費者の行動によって捉えたものです。消費者をイノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティなど5つに分類しています。

イノベーターとは革新者という意味です。新しい製品を冒険的・積極的に採用する人たちです。自作ユーザーで例えると、OS、チップセット、CPU、SSDなど新技術・新製品をかなり早い段階で入手します。ECサイトのレビューなども積極的に行うことが多いようです。保有している自作パソコンは多いと考えられます。また自作パソコン関連のメディアや雑誌はここに該当するといえます。

アーリーアダプターは、初期採用者という意味です。新製品が出たら自ら情報を収集して検討を行います。イノベーターのレビューや情報を参考にします。イノベーターに比較すると得られる利益と費用、すなわち ベネフィットコストのバランスを吟味します。

この次に続くのが、アーリーマジョリティ(前期採用者)、レイトマジョリティ(後期追随者)、ラガード(遅滞者)となります。

あるパソコンパーツが新たに発売されても、すべての自作ユーザーが購入するわけではありません。ほとんどのユーザーは見送ります。発売されたちょうどその時に、新たに自作する、利用しているパソコンの構成をカスタマイズする、修理するという需要があるユーザーが購入します。

パソコンパーツが出るたびに、様々な自作ユーザーがその都度関わってきます。

自作パソコンはもともとが新技術・新製品を使えるという特徴があるため、概ねどのような時期においても、イノベーターやアーリーアダプターが存在します。先行者のレビューなどが多く参考にしやすいという傾向があります。

(イノベーター理論:米国 社会学者 エベレット・ロジャーズの提唱)

学習効果

メーカー製パソコンと自作パソコンでは、コンピューターの主要な構成部品はほとんど同じです。どちらも、電源・マザーボード・CPU・メモリー・ハードディスク・光学ドライブ・OSなどが組み合わさって動作しています。

例えば、メーカー製のデスクトップパソコンで使われるCPUと自作パソコンで使われるCPUというのは、同じデスクトップ版のCPUです。LGA1150という規格のものであれば、全く同じものが使われています。

またデスクトップ版のメモリーも、ともにDIMMであり規格が合えば 自作パソコンに取り付けができます。他にデスクトップ用の光学ドライブも、ともに5インチのものが使われています。

つまり、自作パソコンを組み立てるということは、メーカー製パソコンでも適応される考え方や枠組み、スキーマを身に付けていることになります。

そのため、メーカー製パソコンのハードウェアの構成や仕組みなどの理解も進むと考えることができます。

リユース

前述したように、メーカー製パソコンと自作パソコンでは、いくつか共通したパソコンパーツが使われています。

そのため、一定規模の中古市場というものが形成されています。特にCPU、メモリー、光学ドライブ、HDD、SSDなどは数が多く汎用性が高いため自作パソコンでも使うことができます。

低予算で組み立てたり、修理・増設で用いたりということができます。あるいは故障したパソコンから、まだ使えると思われる部品のみ取り出すこともあります。

はじめのうちは、このような中古品を使うということはあまり推奨されませんが、慣れてくると故障したパソコンでも、個別のハードウェアの部分にのみ着目して再利用、リユースできるようになってきます。

このようなことができるのも、ATXやMicroATXという統一された規格、チップセットとCPUの適合条件など互換性やルールがあるため可能となっています。

可用性

パソコンが遅くて使いにくい、故障期間が長い、トラブルが多いというのは、可用性を損なっているともいいます。

ある程度の知識や方法を覚えると、パソコンの性能を上げたり、トラブルに対応できるようになります。安定してパソコンを使える、可用性を向上させることにつながります。

現在のパソコンパーツ、テクノロジーを活用すれば、極めて性能の高いパソコンを自作することができるでしょう。一般的な利用に関しては、ほぼ使いこなせないレベルに達しています。

自作パソコンは、もちろんパーツ選びや組み立てというところに主眼がありますが、本質的なところは、その可用性の高さにあるともいえます。すでに準備されているテクノロジー、可用性の高さを利用して何を行っていくか?巨人たちの肩に乗って何を実現していくか?すなわちこれが、第4のフェーズになってくるでしょう。

(巨人の肩に乗る:英国 物理学者 アイザック・ニュートンの言葉)