パソコンパーツに電気を供給

電源はパソコン全体に電気を流すという大切な役割があります。

安定している電源の電力供給は、パソコンパーツの安定した動作・故障率の低下につながる傾向があるといわれています。

このページでは、自作パソコンで使用する電源の種類や規格、関連する用語について解説しています。

大きさ

自作パソコンで使用する電源ユニットで、最も使用されるのは ATX電源といわれるものです。

ATX電源というのは、ATX規格に基づいた電源のことで、PCケースでよく使用される フルタワー、ミドルタワー、ミニタワーなどに組み込める電源をいいます。

ATX電源ATX電源。ほとんどのPCケースに対応しています。


他にやや小さめのMicroATX電源(SFX電源)、スリムタワーで使われるTFX電源などがありますが、使用されることはほとんどありません。

プラグイン

プラグインとは、電源部とケーブルが着脱できるようになっているものをいいます。こうした電源をプラグイン電源ともいいます。

プラグインプラグイン電源。メイン電源・CPU電源のみ電源ユニットから直接出ていることもあります。


プラグン電源は、必要なケーブルだけマザーボードと接続するため、余分なケーブルがケース内に収まることありません。そのためケース内部の空気の流れが促進され、排熱・冷却効果にもつながると考えられます。

電源ケーブル

電源ユニットからは、接続するパーツごとにケーブルの種類が決まっています。

メイン電源メイン電源。

マザーボードに接続します。マザーボード側が20ピンと24ピンの場合があります。それにあわせて接続できるようになっています。

24(20+4)pinと表記されています。


CPU用電源CPU用電源。

4ピンで一つだけのものと、4ピンが2つで構成されているものがあります。マザーボード側の4ピン、8ピンに合わせて接続します。

8(4+4)pinと表記されています。


PCI-Express用6ピンPCI-Express用6ピン。

6pinのグラフィックボードに接続します。


PCI-Express用8ピンPCI-Express用8ピン。

グラフィックボードに接続します。6ピンと8ピンを兼ねており、グラフィックボード側の6ピン、8ピンに合わせて接続します。

8(6+2)pinと表記されています。


SATAコネクターSATA電源。

主にSATA接続のハードディスク、SSD、光学ドライブで使用します。


汎用4ピン汎用4ピン。

主にIDE接続のハードディスク・光学ドライブ、ケースファンの電源として使用します。

ペリフェラル4P、HDDなどと表記されています。


FDD用4ピンFDD用4ピン。

フロッピードライブパワーコネクター。主にフロッピーディスクドライブの電源として使用されます。


電源の箱電源の箱や商品説明には、コネクターの種類や数が明記されています。

ほとんどの電源は、メイン電源、CPU電源、SATA電源、ペリフェラル4P電源を備えています。

電源を必要とするグラフィックボードの場合は、6pinと8pinが付いているかどうか、いくつ付いているか、確認する必要があります。

変換ケーブル

パーツ増設時に電源ケーブルが足りないということもしばしばあります。変換ケーブルを活用することで対応できることもあります。

4ピンからSATASATAの電源が足りない時によく使われます。余っているペリフェラル 4ピンをSATAに変換します。


4ピンから6ピングラフィックボード用の6ピンの電源が足りない時に使われます。余っているペリフェラル 4ピン×2をグラフィックボード用の6ピンに変換します。


変換ケーブルは、他にもいくつか種類があります。

80PLUS認証

電源ユニットの主要な役割は、交流から直流に変換することです。パソコンパーツは直流電流で動作しています。

変換の際には、無駄やロスが生じています。通常はすべての電流を変換できているわけではなく、変換効率が80%未満といわれています。

80PLUS認証というのは、電源変換効率が80%以上の電源ユニットのことであり、そのような電源ユニットに第三者機関が認証を与えています。

変換効率が高いと、それだけ無駄やロスが少なく省電力・低発熱・高寿命につながるといわれています。

80PLUS認証には変換効率に応じて以下のランク付けがされています。シルバーやゴールドほど変換効率は高くなります。

スタンダード80PLUS スタンダード
出力20%・・・80%以上の変換効率
出力50%・・・80%以上
出力100%・・・80%以上

ブロンズ80PLUS ブロンズ
出力20%・・・82%以上
出力50%・・・85%以上
出力100%・・・82%以上

シルバー80PLUS シルバー
出力20%・・・85%以上
出力50%・・・88%以上
出力100%・・・85%以上

ゴールド80PLUS ゴールド
出力20%・・・87%以上
出力 50%・・・90%以上
出力100%・・・87%以上

プラチナ80PLUS プラチナ
出力20%・・・90%以上
出力 50%・・・92%以上
出力100%・・・89%以上

ワット数・出力

電源にはワット数・出力というものがあります。W(ワット)は、電圧(V)×電流(A)で、電圧は電流を押し出す力、電流は電気の流れる量です。その電源ユニットがどのぐらい出力できるか、仕事ができるかを示しています。

パソコンのパーツはそれぞれ電力を消費するので、それらのパーツの総消費電力に見合った電力供給を行う必要があります。

パソコンパーツの構成に合わせて電源のワット数も選択することになりますが、一般的な使用であれば 概ね450w~600wぐらいあれば十分といわれています。

ハイエンドのグラフィックボードを搭載したり、複数のHDD(3,4台)を搭載したりする場合は600w以上を選択することが多くなります。

機能

電源ユニットには保護回路が付いています。電源ユニットのパッケージに記載されていることがあります。搭載している保護回路は、製品ごとに異なります。

  • OCP・・・過電流保護
  • OPP・・・過負荷保護
  • OTP・・・過温度保護
  • OVP・・・過電圧保護
  • SCP・・・ショート回路保護
  • SIP・・・雷防止保護
  • UVP・・・低電圧保護

切り替えスイッチ

電源ユニットには、ケーブルの差し込み口の横に、まれに切り替えスイッチが付いていることがあります。115Vと230Vで切り替えできるようになっています。

日本では115Vにして使用します。電力会社の交流が100V前後だからです。海外で 230Vなどが使われている国では 230Vに合わせます。基本的に扱うところではありません。

115Vと230V115Vと230Vの切り替えスイッチ。

主電源スイッチ

ほとんどの電源ユニットに、主電源スイッチが付いています。-がON○がOFFです。

パソコン内部にアクセスする際は、OFFにします。パーツ交換の際は、安全のため電源ケーブルを取り外して作業するのが一般的です。

主電源スイッチ主電源スイッチ。

取り付け

電源ユニットの取り付けは、PCケースの所定の場所に行います。ケース上部や下部のいずれかが一般的です。

ケース下部ケース下部の例。基本的にファンはケース内を向きます。


ただケース下部に空気孔がある場合 ファンを下にして取り付けができるものもあります。PCケースによって対応しているか、していないか異なります。

ネジ穴ネジ穴を合わせて固定します。電源付属のインチネジ大を使います。


パソコン組み立て後や電源交換後は、ケース内で結束バンドなどを使いまとめます。

メーカー

自作パソコンの電源はいくつものメーカーが製造・販売しています。

Antec、SilverStone、玄人志向、Seasonic、Corsairなどがあります。メーカーに加えて 80PLUS認証を基準にして選ぶことが多くなっています。

販売形態

自作パソコンで使用する電源は、パソコンショップでパッケージ品として販売されています。

電源ユニット本体の他、電源ケーブル、ケース固定用ネジ4本、保証書などです。結束バンドが付いていることもあります。

電源パッケージ品。


最近の電源ユニットは、80PLUS認証が始まったこともあり高品質なものが増えていて 長期保証が付くことも多くなっています。

2020年 現在人気の電源ユニット

自作パソコンにおいては、パソコンを新たに自作する場合、パーツ増設の際の電力不足に対応する場合、または電源ユニットの故障の場合に電源ユニットが必要になります。

PCケースの大きさによって ATX電源かMicroATX電源になりますが、ほとんどがATX電源です。80PLUS認証、電源ケーブルの種類、ワット数などを確認して選びます。

パーツの構成にもよりますが、80PLUS認証、400W~750W、ATX電源がよく使われます。

近年は、パソコンパーツの低消費電力化、高性能化が際立っており 以前ほどには大容量電源の需要はなくなりつつあります。