無線LANの電波状況を調べる inSSIDer

無線LANルーターでLANに接続しているときに、ルーターが近くにあるのに速度が遅い、インターネットにつながりにくい、時々切れるなど 無線LANのトラブルでは、電波の干渉を調べることで解決の糸口が見つかることがあります。

無線LANは特に2.4GHz帯で干渉が起きやすいといわれていて、11bや11gがそれにあたります。こうした干渉が起きるのは、近くに複数のアクセスポイントや無線ルーターがあったり、他に電子レンジや医療器具、またBluetoothなどを使用した周辺機器があったりする場合です。

無線LANの電波状況を調べるツールに inSSIDer というフリーソフトがあります。このソフトはパソコンの無線子機が感知しているアクセスポイントの状況を調べることができます。

これにより、複数のアクセスポイント・無線ルーターで電波の干渉が起きていないか知ることができます。




ダウンロード

海外のソフトです。表記は英語になりますが、視覚的に見るソフトなので特に問題はないかと思います。ダウンロードは下記から。

inSSIDer

ダウンロードしたファイル

インストールはウィザードに従い行います。Nextで進むだけです。

ショートカットアイコン

使い方

inSSIDerを起動させた画面、2.4Ghz、5Ghzなどのタブをクリックすると周囲のアクセスポイントの状況を表示させることができます。

単に子機側で電波を拾う作業なので、インターネット接続が確立していなくても調べることはできます。

inSSIDer

何も表示されないという場合、右上のところでネットワークアダプタの無線子機を選択して、Startを押すと電波状況が出ます。

緑のところには、アjクセスポイントの一覧が表示されます。それぞれのアクセスポイントのMACアドレス、メーカー名、無線暗号方式なども表示されます。下のウィンドウの縦軸(赤)は電波の強さ、横軸(青)はチャンネルを示しています。

自分が使用している無線LANルーターは一番近いところにあるので、電波(縦軸)は強い傾向があります。

2つのアクセスポイントが5~9のチャンネルを使用していることが分かります。これは中心のチャンネルである 7チャンネルを使用していることになります。この状態は干渉が起きやすい状態です。もし無線LANの速度が遅い、インターネットにつながりにくい、時々切れるなど接続が不安定で下記のような状態なら電波の干渉である可能性が非常に高いといえます。

チャンネルの変更は、無線LANルーター・アクセスポイントにログインして行うことができます。チャンネルが自動や7になっているなら、他のチャンネルに変更します。ここでは13に変更しました。

チャンネルの変更後、inSSIDerで表示させると、赤のアクセスポイントのチャンネルが13に変更されていることが分かります。この状態で無線LANのトラブルが解決されるかどうか様子を見ます。もし問題なく使用できるなら電波干渉が原因だったということになります。

無線LANの接続トラブルで多いものとしては、ルーターのファームウェア更新がなされていない、無線子機のドライバアップデートが行われていない、電波干渉などが多いと思います。急につながりが悪くなった場合は、電波干渉の可能性が高いと思われます。inSSIDerは、無線LANの電波状況を調べるツールとしては最適なソフトの一つではないでしょうか。

5GHz帯を調べる

5Ghzの帯域の状況が見えない、調べることができないとよく言われることがありますが、パソコン側・子機側が 5Ghzに対応していなければもちろん何も表示されません。受信ができないのです。

つまり子機側が 802.11a/b/g/n対応など、11aと記載されている必要があります。

5Ghzに対応している子機で検索して何も表示されていないなら、5Ghz帯はガラガラに空いているということになります。

2.4Ghz帯はどんな子機でも見れると思います。

たとえば2.4GHzと5Ghz対応のルーターがあるとします。そして2.4GHzと5GHz対応の子機もあるとします。

2.4GHz帯の電波が見れます。多いですね。

2.4GHz帯の電波

5GHzに切り替えると、5Ghz帯に無線LANルーターの電波が見れます。ガラガラです。

5GHz帯の電波

2.4GHzと5GHzに対応している子機では、このように2.4GHz(GやB)と5GHz(A)の両方の電波を受信しています。つまり2.4GHzの電波状態が悪ければ、5GHzを使うことができます。

GとA

ノートパソコンの内蔵の無線子機が5GHzに対応しているかどうかは、仕様書などで確認できます。

2.4Ghz帯の限界

無線LANルーターの利用者は急速に増えています。

都心部では、2.4Ghzに多くの電波がひしめき合っているということもあり、チャンネルを変更する場所も見当たらないということもあります。

無線の電波に加えて、コードレスフォン、電子レンジ、Bluetoothなども2.4Ghz帯の電波を利用します。これらは Inssiderでは表示されません。

つながりにくいという場合は、一番空いていると思われるチャンネルに変更して、まずは様子を見ます。

2.4Ghz帯

これでもつながりにくいという場合は、5Ghz帯に対応している無線ルーターに変更することを考える必要があります。この場合、パソコン側・子機側も5Ghzに対応している必要があります。5Ghzは現在 Wi-Fi機器だけで利用しており、なおかつチャンルを独立して使用できます。干渉がほとんどない帯域です。

どちらかというとやはり、2.4GHzのみに対応した無線LANルーター、ノートパソコン、スマートフォンなどが多いといえます。ただ今後は 5GHz(A)に対応したものが増えてくると予想されます。

これから無線を使う予定があるなら無線LANルーターや子機が5GHzに対応していえるのかどうか?というのは重要なチェックポイントになってくるともいえます。

追記

inSSIDerは 2.0や3ではフリーで使用できていたのですが、最近では期間限定やトライアル版に変更されています。

かなり人気のあったソフトなので仕方ありません。

現在 inssider.comのサイトでは inSSIDEer Officeが5日間限定で使用できる感じでしょうか。他のもの InSSIDer 4やinSSDIDer Wi-Fi Helperなどはライセンスキーを購入しなければ使用できないようになっています。

フリーで使用したい場合は inssider.com以外のサイトで inSSIDerの旧バージョン(2.0や3)が配布されているところもあるので そこでダウンロードして使用するか、本家サイトのinSSIDer Officeを使用するかになります。






“無線LANの電波状況を調べる inSSIDer” への3件のフィードバック

  1. Ueda より:

    初めまして、久々に良い記事を見てトラブルが解決しました。有り難うございました。

  2. sasaki より:

    ありがとうございました。
    疑問晴れました。
    ものすごくわかりやすかったです。

  3. admin より:

    どうも管理人です。
    お役に立てて何よりです。

コメントを残す



サブコンテンツ