1920×1080 フルHDの時代に

自作パソコンでは、液晶ディスプレイも欠かせませんね。

メーカー製パソコンと違って、自分の好きな大きさやデザイン、メーカーが選べるというのも自作パソコンのメリットです。

液晶ディスプレイ(液晶モニター)は、正確にはパソコンパーツのカテゴリーではありません。周辺機器の部類になります。

このページでは、自作パソコンで使用する液晶ディスプレイについて解説しています。

大きさ

液晶ディスプレイには大きさがあります。

単位としては インチがよく使用されます。1インチは、2.54cmです。

15インチ、17インチ、19インチなどありますが、これは液晶画面の対角線の長さになります。

標準とワイド

液晶ディスプレイには、スクウェア(標準)とワイドのものがあります。

液晶の縦横比が、4:3(スクウェア)、16:9(ワイド)になります。

15インチや17インチ、19インチの液晶では 4:3の標準のものが非常に多かったわけですが、最近の液晶ディスプレイでは、21.5インチ、22インチ、23インチなど 16:9のワイドのものが増えてきています。

スクエアスクエアタイプ 17インチ液晶ディスプレイ。


液晶ディスプレイ21.5インチワイドの液晶ディスプレイ。

解像度

1024×768、1280×1024など、画面上の総画素数を表します。総画素数が多いほど画面はきめ細やかさが出てくる傾向があります。正確には、総画素数が多く 密度が高いほど高画質になります。

以前は、1024×768、1280×1024などが多かったのですが、最近では液晶ディスプレイは高解像度が進み、1920×1080などの解像度が主流になってきています。

フルHD

Full HDは、現在主流の液晶ディスプレイの解像度です。21インチ以上の16:9のワイドの液晶ディスプレイでよく採用されます。液晶ディスプレイのみならず 家庭用のテレビなどでも フルHDといわれます。

フル HDは、フルハイビジョンともいいます。

デジタル放送のハイビジョン映像が、1920×1080の画素で構成されているので、このハイビジョン映像をそのまま再生・描画できることになります。

フル HDという規格がテレビや動画、DVDなどを高画質で再生するひとつの基準となっているので、最近のディスプレイは、フルHD(16:9)のものが多いということになります。

解像度Windowsの画面のプロパティで、現在の解像度を知ることができます。数字が大きいほど画面領域が広く、きめ細かい表示になります。

グレアとノングレア

液晶表面が、光沢のあるものをグレア液晶といいます。光沢のない普通の液晶画面をノングレアといいます。

グレア液晶は、ノートパソコンやメーカー製のデスクトップパソコンでもよく見かけることができます。見た目が鮮やかというのがあります。

グレア液晶は、目が疲れやすいという人もいます。光沢があり鏡のように反射する傾向があるので、場合によっては室内の蛍光灯などいろいろなものが映り込むことがあります

どちらの液晶にするかは、ほとんど好みの問題ですが、最近はノングレアの液晶画面も非常に綺麗に映ります。


入力端子

パソコンと液晶ディスプレイを繋ぐ接続規格は、有名なもので VGAとDVIがあります。

15インチ~19インチの液晶ディスプレイが主流のときは、VGAのみ、DVIのみ、VGAとDVIとそれぞれの液晶ディスプレイで異なっていましたが、最近では HDMIが出てきたこともあり、ほとんどの液晶ディスプレイで VGA、DVI、HDMI を備えるようになっています。

入力端子右からVGA、DVI、HDMI。どれか1つをマザーボード、ビデオカードの端子と接続します。

スピーカー

液晶ディスプレイには、スピーカー内蔵のものとそうでないものとがあります。

スピーカー内蔵のものは、スピーカー端子が付いていて パソコンと繋ぐことができます。

あくまで内蔵スピーカーなので、外付けのスピーカーにはかないませんが、Windows操作音、動画・音楽などのマルチメディアの再生など基本的には、特に問題のない音質です。

より高音質なサウンドを楽しみたい時は、液晶ディスプレイのスピーカーは使用せずにパソコンには外付けのスピーカーを取り付けます。

スピーカー入力端子液晶ディスプレイのスピーカー入力端子。スピーカー内蔵なので液晶ディスプレイから音が出るようになっています。

その他

液晶ディスプレイにはその他にも、性能を示すものがあるのですが、一般的な使用ではそれほど体感できるほどの違いというのはありません。

応答速度

液晶テレビや液晶ディスプレイでよく見かける単位です。単位は ms(ミリセカンド、1000分の1秒)液晶のドットが次の色を表示するまでの速度です。数字が小さいほど応答速度は早いことになります。

静止画ではあまり関係ありませんが、画面の切り替わりが多い動画などでは、応答速度が早いほうがスムーズに描画されます。現在の主流派は、8ms~16ms。ただし現在の液晶ディスプレイではほとんど体感できるほどの違いはありません。

視野角

液晶ディスプレイは普通は正面から見ているので、あまり関係はないのですが、傾いた角度(上下・左右)から見た場合に正確に見えるかどうかの基準になります。単位は、上下左右170°などで表されます。

170度の角度(ほとんど真横に近いですが)からも画面が見えているということになります。

視野角は、角度が大きいほど違う角度からも画面がよく見えるということになります。

輝度

簡単にいうと、どれだけ明るく輝いて見えるかということです。単位は「cd/m2」(カンデラ 毎 平方メートル)。

数字が大きいほど、画面が明るく見えることになります。

ただし明るければそれが一番使いやすいというわけでもありません。輝度は、液晶ディスプレイ側でも調整できるようになっているのが普通です。

コントラス比

コントラス比とは、画面の白(最大輝度)と黒(最小輝度)の比率です。明るいところと暗いところの違いです。500:1などの比率で表されます。

ただしこれも比率が高ければ使いやすいというわけでもありません。コントラス比も液晶ディスプレイ側で調整できるようになっているのが普通です。

基本的な接続

液晶ディスプレイには、電源・ケーブル(VGAやDVI)、スピーカーを接続します。

ケーブルはパソコン側(マザーボードやビデオカード)の出力端子に合わせます。VGA、DVI、HDMIなどの端子を使うことができます。

接続添付品のケーブルを使用します。


パソコンの背面端子パソコン側の映像出力端子とスピーカー端子と接続します。マザーボードのVGA端子に接続。


グラフィックボードグラフィックボードのDVI端子に接続。

電源のモード

液晶ディスプレイにも電源ボタンはついています。

通常は電源ONのスタンバイモードになっていて、パソコンの電源を入れると液晶ディスプレイに信号が流れて連動して画面が表示されるようになっています。

液晶ディスプレイの基本的な電源のモードは以下の通りです。

スタンバイ パソコン電源OFF時。液晶ディスプレイは通常 スタンバイモードになっています。メーカーによって異なりますがオレンジ色がよく使われます。パソコンの電源を入れると 信号を感知し連動して画面が表示されます。


電源OFF 電源ボタンを押すと消灯します。これは液晶の電源を完全にOFFにしていることになります。この状態ではパソコンの電源がONでも連動しません。


電源ON 電源ボタンをONにすると ランプが点灯します。メーカーによって異なりますが、青や緑の点灯になります。


信号なし 電源ボタンをONにしても、パソコンの電源が入っていない場合は、信号が来ていないため画面には信号なしやNO SIGNALと表示されます。しばらくすると自動的にスタンバイモードになります。

メーカー

液晶ディスプレイのメーカーはたくさんあります。

液晶ディスプレイ専門のメーカーもあれば、周辺機器メーカーが出しているものもあります。

品質が高く、人気があるのはやはり専門のメーカーが作っているものになります。

  • 三菱電機
  • BenQ ベンキュー
  • IIYAMA イイヤマ
  • EIZO エイゾー
  • Acer エイサー

EIZOは 画像・映像分野で特に強く 企業・事業所・医療現場などでよく使われます。PC用ディスプレイの中でもやや上級者むけのディスプレイです。

販売形態

パソコンショップや家電店で販売されています。通常のリテール品で箱や保証書、付属品なども付いています。保証期間は製品にもよりますが、3年保証が多くなっています。

接続端子が VGA DVI HDMIなど揃っている液晶ディスプレイでは、パソコン側と接続する VGAとDVIのケーブルが付いていることが多いようです。

液晶ディスプレイケーブルなどの付属品、マニュアル、保証書などが揃っています。



2015年 現在人気の液晶ディスプレイ

ここ数年は 使用するディスプレイといえば、フルHD対応(1920×1080)のものが主流となりつつあります。

パソコンショップで店頭に並んでいるものもほとんどがフルHDの液晶ディスプレイです。大きさは21.5、23、24、27インチなどがあります。これからパソコンを自作して液晶ディスプレイを使う場合はフルHDのものがお勧めとなります。

関連情報