処理速度に影響するメモリー

メモリーは、Windows (OS)やプログラムの起動・動作速度に関わってくる部品です。

パソコンには必ずメモリーが付いています。

このページでは自作パソコンで使用するメモリーの特徴やメリットについて解説しています。

大きさ・規格

メモリーには、デスクトップパソコン用とノートパソコン用のサイズがあります。

自作パソコンやデスクトップパソコンで使用されるのは、デスクトップ用のメモリーです。

またメモリーの接続規格として、DDR、DDR2、DDR3などがありますが、現在の主流は、DDR3です。最近のマザーボードであれば ほとんどがDDR3の対応になります。

どのメモリーが使用できるかは、マザーボードによって決まります。マザーボードの対応メモリーであれば問題ありません。

メモリー自作パソコンでもメーカー製パソコン(デスクトップ)でも標準で使用されるデスクトップ用のメモリー。


DDR3現在主流のDDR3のメモリー。最近のほとんどのマザーボードで使用されます。切り欠けが左寄りにあるのが特徴です。


DDR2一つ前の世代のDDR2のメモリー。少し前のマザーボードやXP,Vistaのパソコンではよく使われています。現在もまだ現役です。切り欠けが右寄りにあるのが特徴。


2015年 Intel CPU Skylake 登場で DDR4のメモリーも使われ始めました。DDR3と切り欠けの場所は異なります。

DDR2とDDR3

最近のマザーボードで主に使用されるメモリーはDDR4、DD3で、今使用している自作パソコンの増設などでよく使うのがDDR3、DDR2です。

DDR2とDDR3は転送速度の違いで、さらに細かく分類されます。

DDR2

  • DDR2-533(PC2-4200)
  • DDR2-667(PC2-5300)
  • DDR2-800(PC2-6400)

DDR3

  • DDR3-1066(PC3-8500)
  • DDR3-1333(PC3-10600)
  • DDR3-1600(PC3-12800)

DDR3

  • DDR4-2133(PC4-17000)
  • DDR4-2400(PC4-19200)
  • DDR4-2666(PC4-21300)

少し分かりにくいですが予備知識として把握しておくといいかと思います。

メモリーとしてのデータ転送速度は、新しいメモリーの規格ほど速くなります。

DDR3に対応しているのか、DDR4に対応しているのかは マザーボードというより マザーボード上のチップセットで決まります。

チップセットによっては DDR2とDDR3、DDR3とDDR4など両方に対応していることがあります。


対応メモリー

メモリーを選ぶときは、マザーボードがどの規格のメモリーに対応しているかを基準にします。

通常 マザーボードを購入するとはパッケージや説明書には対応メモリーの規格が記載されています。わからない場合は、そのマザーボードのメーカーのサイトへ行き、型番から調べることができます。

マザーボードの箱対応メモリーの規格や最大搭載可能メモリが記載されています。DDR3-1333/1066、MAX 8GBとあれば、対応メモリはDDR3-1333とDDR3-1066で、マザーボードには最大で8GB搭載できることになります。

取り付け場所

メモリの取り付け場所は、マザーボードのメモリースロットです。

マザーボードによってメモリースロットの数は異なりますが、ATXのマザーボードなら4~6つ、MicroATXのマザーボードでは2~4つが一般的です。

マザーボードのメモリースロットは、デュアルチャンネル、トリプルチャンネルが一般的で、同じメモリーをそれぞれ同じ色のメモリースロットに取り付けることで、デュアルチャンネル、トリプルチャンネルで動作するようになっています。

そのため自作パソコンではメモリーは、2枚組、3枚組で市販されていることが多いのです。

メモリー取り付け切り欠け合わせて取り付けます。


色分けメモリスロットは色分けされています。同じメモリをそれぞれ増設します。


メモリースロット2GB×2(計4GB)をそれぞれのスロットに取り付けて、計8GB取り付けたところ。自作パソコンでは、メーカー製パソコンに比べると多くのメモリーを増設できるメリットがあります。

OSとの兼ね合い

メモリーは、OSとも多少関係してきます。

32bit OSでは4GBまでのメモリしか認識できませんが、64bit OSなら4GB以上(8GBや16GBなど)のメモリを使用出来るという点です。

なので多めにメモリーを取り付けたいという場合は、OSの選択時にWindows 7の64bitを選ぶようにします。

32bit OSでは、どれだけメモリーを取り付けても Windows上で認識・使用出来る範囲は4GBまでとなります。

Windows 7では、64bit OSが断然人気があります。

16GBWindows 7 64bitの自作パソコン。メモリー4GBを4枚使用して 16GB。

メーカー

メモリーはメモリーチップ部分とメモリーモジュール部分(基盤全体)で製造メーカーが異なることもあれば、チップもモジュールも同一メーカーで製造・販売しているということもあります。

メモリーは昔からメジャーチップのメーカーが特に人気があります。

メジャーチップのメーカーは、マイクロン、Sumsun、Hynyx(ハイニックス)、Elpida(エルピーダ)などでメモリーモジュールも手がけている場合があります。

他に人気があるのは、メモリーモジュールのメーカーでは、CFD ELIXIR(エリクサー)、Transcend(トランセンド)、BUFFALO、IOデータなど。メモリーチップで人気があるのは、Transcend(トランセンド)、elixir(エリクサー)などです。

初期不良の少なさや相性問題が出にくいなどが、人気として現れてきます。

ヒートスプレッダ

メモリに取り付けられている金属製のものをヒートスプレッダといいます。

メモリーは通常のパソコン使用においてはヒートスプレッダがなくても全く支障はありません。

一部メーカーのメモリーでヒートスプレッダ付きのものがあります。

メモリーに高い負荷をかけたり、より冷却するために使用されます。

メモリーとCPUクーラーはどうしても場所が近いため、CPUに強い負荷を掛けてクーラーに熱がこもりやすい時も使用されるようです。

ヒートスプレッダ主にメモリーチップの冷却を考慮して取り付けられています。メモリーからヒートスプレッダを取り外すことは基本的にできません。
後付けできるようにヒートスプレッダのみ販売されていることがありますが、この場合は 着脱可能です。

販売形態

メモリーは、バルク品とパッケージ品での販売とがあります。

数年前に比べるとメモリーの価格は大幅に下落したため、メモリーはお手軽な価格で購入することができます。

そのためバルク品にしろパッケージ品にしろほとんど価格差というのはありません。

バルク品バルク品。簡易包装で販売されています。


パッケージ品パッケージ品。2枚組、3枚組で販売されているものがほとんどです。永久保証の製品も増えています。

相性

メモリーはマザーボードと相性の問題で認識されない、動作が安定しないということもまれにあります。

パソコンショップでメモリを購入すると、相性保証などを付けてくれることがありますので、相性が気になるという場合はパソコンショップで直接メモリーを購入するといいでしょう。

初期不良というのもまれにありますが、その場合はバルク品であれパッケージ品であれ定められた期間内であれば通常は無償交換となります。


2015年 現在人気のメモリー

メモリーの現在主流の規格はDDR3です。

基本的にマザーボードに対応しているメモリーを選べば問題ありません。

DDR3 1600 / 1333 / 1066が対応とあるならこのいづれかのメモリーになりますが、通常は数字の大きい DDR3 1600を選びます。

メモリーの総容量としては、4GB×2枚の合計8GBが一番人気があります。

マザーボードの対応メモリーがどの規格?を調べてから選びます。

Windows 7やWindows 8でやや重たい作業をすると 4GBでは少し物足りないことも多いようです。

初期不良や相性問題が出にくくい、安価で安定しているという点で CFDのメモリーは人気が高いようです。CFDはバッファローの関連会社になります。