レッツノート CF-S10 HDD交換・メモリー増設

レッツノート CF-S10のHDDとメモリーまでアクセスしてみました。

レッツノート CF-S10は、CPUにIntel Core i5 2520M (サンディーブリッジ)、OSにWindows 7 Professional を搭載したノートパソコン。他にWiMAX アンテナ内蔵などが特徴です。

筐体は CF-S9シリーズと同じではないかと思います。HDDの交換方法などは参考になるかもしれません。

Let’s note CF-S10。

CF-S10

外部ディスプレイ接続は、VGA、HDMI。

HDMI

USB3.0のUSBポート。

USB3.0

メモリー増設

先ずバッテリーを外します。メモリースロットは赤枠です。

バッテリー

デフォルトでは1枚メモリーが入っていました。このメモリーは多分取り外し外に出せないようになっています。

メモリースロット

もともと4GB付いていたので、2GB増設してみることにしました。マイクロンのバルクメモリー DDG3-1333 2GB。CF-S9やCF-S10は、ほとんどがDDR3-1066かDDR3-1333のメモリーではないかと思います。対応メモリーは、メモリー増設で確認されてください。

OSが64bitなら8GBまでは増設できそうです。

2GB増設

HDD交換

次にハードディスクですが、2本のネジを外します。

ネジ2本

プラスチックのカバーを外します。

プラスチックのカバー

ビニール製のテープを引き、数センチ出します。

ビニール製のテープ

SATAの接続ケーブルを外します。

SATAケーブル

ハードディスクが何かに引っかかってこれ以上引き出すことができませんが、ハードディスク全体を下に力を加えながらテープを引くと、取り出すことができます。

下に力を加える

ハードディスクを慎重に引き出します。

ハードディスクを取り出す

HGSTの5400回転のハードディスクが使用されていました。

ハードディスク

BIOS

BIOSを見てみました。電源投入後、F2で入ります。

メモリーが4GB+2GBで6GBになっていました。無事に認識されたようです。

BIOS

レッツノートでは、リカバリーディスクや起動ディスクなどで CD・DVDから起動させるときは、光学ドライブ電源の項目がBIOSでONになっている必要があります。ここがOFFだと、CDやDVDを入れていても電源そのものが入っていないのでブートしません。

外部ディスプレイを接続して、画面が表示されないという場合も、BIOSのディスプレイの項目を確認します。

光学ドライブの電源

ドライブの起動順位の変更。

起動順位の変更

診断ユーティリティという項目から、パソコンのCPU、メモリ、ハードディスクなど10項目近くをテスト・診断することができます。

診断ユーティリティ

レッツノートの多くは、BIOSからコンピューターの修復、診断ユーティリティを起動させます。

デバイスのテスト・診断

リカバリー

HDDリカバリーか、事前に作成したリカバリーディスクを使用するかのいずれかになります。リカバリディスクの作成は、スタートメニュー→Panasonic→リカバリーディスク作成ユーティリティからになります。

HDDにリカバリー領域が内蔵されている機種では、ハードディスクが故障すると復旧にコストがかかります。やはり事前にリカバリーディスクは作成しておいたほうがよいと思われます。

HDDリカバリーはBIOSのコンピューターの修復から。

コンピューターの修復

リカバリーの画面。ウィザードに従います。ハードディスク データ消去は譲渡や廃棄の際のみで実行します。

リカバリー

もしパーティションを分割して使用している場合は、下のSystem用とOS用パーティションにインストールするを選択します。もともとこの機種はパーティションが1つでしたが、Dドライブを作成して使用していたので、下記を選択。

System用とOS用パーティション

機種によっては 32bitと64bitの選択ができます。基本的に64bitを選びます。

64bit

リカバリーが進みます。

進捗

リカバリー時にSystem用とOS用パーティションにインストールするを選択すると、Cドライブのみがリカバリーされていました。作成していたDドライブのなかにあるデータはそのまま残ります。

Cドライブ

近年のレッツノートは、以前のものに比べると、HDDの交換や取り出しが行いやすい機種が多くなってきています。起動や速度が遅いという場合は、やはりハードディスクがボトルネックになっている可能性があります。

ノートパソコンのSSD交換では、SSDとメーカー製パソコンとの相性や互換性なども多少あります。交換の際は、現在使用しているレッツノートのSSDへの交換事例などを事前に調べておくとよいかもしれません。



One Response to “レッツノート CF-S10 HDD交換・メモリー増設”

  1. 匿名 より:

    大変役に立ちました
    ありがとうございました。

コメントを残す



サブコンテンツ