パソコンの原型ともいえる自作パソコン

パソコンを自作するというのは、自分で必要なパーツを揃え組み立てることです。組み立てられたパソコンを、自作パソコンといいます。

このページでは、自作パソコンにどのようなメリットがあるか?メーカー製パソコンと自作パソコンの違いは何か?自作パソコンに関連する用語を交えて紹介しています。

修理やカスタマイズが容易にできる

修理やカスタマイズ メーカー製パソコンの場合、PCケース、マザーボード、電源がメーカー独自の規格で作られます。そのため数年後これらの部品が故障した場合、代替の部品を探すのがかなり面倒になります。

メーカー製PCの電源やマザーボードがどこかのPCパーツ店で販売されているか?というとまず販売されていません。そのため修理する場合はメーカーに出すしか方法がないということになります。メーカー修理の場合、修理期間が長くかかり、保障に入っていなければ修理費用も高額になるという傾向があります。

一方、自作PCの場合、構成するPCケース、マザーボード、電源などは統一された規格で作られています。それがATX、MicroATXと呼ばれる規格のことです。

こうした自作パソコンで使用されるパーツというのは、パソコンショップで購入することができます。

電源が壊れれば電源だけ交換することができますし、数年後PCケースを交換したければ交換することができます。つまり修理やカスタマイズが比較的容易にできるということと、安価にできるという特徴があります。

またハードディスクの交換・増設、SSDへの交換などもメーカーや専門の会社に頼まなくても多少の知識さえ身につければ、自分できるようになります。

つまり、ある程度知識を身に付ければ、自分でパソコンを管理することができるようになり、保守性や可用性を高めることができるということができます。

高い拡張性を持つ

拡張性自作パソコンは拡張性に優れるという特徴もあります。

拡張性に優れるというのはグラフィックボードやPCIカード、ハードディスクなどの増設や追加ができるということです。


ハードディスクを例にとるとメーカー製パソコンの場合、ほとんどの機種でHDDは1台までしか搭載されていません。あとから2台目のHDDを増設しようとしても、物理的にできないのです。

一方自作PCの場合は、PCケースにもよりますがATX型のケースでは、2台目3台目のHDDの追加は、ほぼ標準でできるようになっています。

ハードディスクの他に、グラフィックボード、TVチューナー、サウンドカード、CPU、メモリーなど用途に応じて様々なデバイスを交換・増設できます。

つまり、スペックを上げることができるということになります。

最新の技術・テクノロジーを体験できる

最新の製品 パソコン業界においては 新しい製品が出ると真っ先にパソコンパーツ店に商品が並びます。

例えば具体例をあげますと、Intelが新しいCPUを出せばすぐにパソコンパーツ店に登場します。また最新のチップセットを搭載したマザーボードも同様です。

メーカー製パソコンでこれらが採用されるのは、やや遅れてからです。

例えば以前、HDDで1プラッタ1TBの読み書きが高速なハードディスクが出たことがあります。しかし、メーカー製パソコンで 1プラッタ1TBのハードディスクが使われるというのは、ほとんどありませんでした。

SSDは特に顕著な例といえるかもしれません。

自作パソコンでは 早い段階でSSDを使い始めており メーカー製パソコンの多くがHDDを使っている現状とは対照的といえます。

グラフィックボードも自作パソコンならすぐに最新のものを使うことができるでしょう。

また液晶ディスプレイに関しても パソコンショップでは 23インチや21.5インチなどのフルHDが主流で、メーカー製パソコンではどうしても遅れて登場するか、採用されないかになります。

つまり、最新の技術・テクノロジーを搭載した製品を手に入れ、すぐに体験できるというのがあります。

OSを選択することができる

OS メーカー製パソコンではOSが限定されるという傾向があります。

Windows XPのパソコンを購入したら、Windows XP以外のOSには変更できないというのがあります。一部のメーカー製パソコンでは新しいOSが出たらアップグレードできることもありますが、基本は購入時のOSに縛られるというのがあります。

自作パソコンの場合は、OSを選択することができます。

例えば以前 XPとVistaと7のOSがあったときは、このいずれかから好きなOSにすることができました。

マザーボードにもよりますが、OSを変更したくなったら、今までWindows 7で使用していたパソコンを Windows 10にするということも可能です。

パソコンの仕組みを理解し覚えることができる

仕組み 自作パソコンというのは、ATXやMicroATXという規格で統一されています。

それぞれが独立したパーツでありながらも、協調して動作するというパソコンの本来の姿を理解しやすい構造になっています。。

メーカー製のパソコンは、こうしたパソコンの原型に手を加えオリジナルのサイズやデザインで販売しているということになります。

端的にいえば、簡単で単純なものを複雑にしているのがメーカー製パソコンです。

メーカー製パソコンのノートパソコン、ウルトラブック、スリム型デスクトップパソコンなどデザインや静音性は、非常に優れています。

そのため、すべてにおいて自作パソコンが優れているわけではありません。

しかし、本来のパソコンの仕組み・原型というものが見えなくなっているので、使用する側からするとパソコンのことがよく分からないということが長く続いてしまうことがあります。

自作パソコンの理解が深まれば、結果としてメーカー製パソコンのこともよく分かるようになってきます。

パソコンの自作を始めると、パーツの用意や組み立ての過程でパーツの名前やパソコン内部の仕組みに触れることになります。

どのパーツがどういう役割があるのか?どのようにしてHDDや光学ドライブがつながっていて動いているのか?など様々なことが分かるようになってきます。

こうした体験・経験の積み重ねがが少しずつパソコンそのものの理解を深めていくことになります。

そして徐々にではありますが、今までのように遅くて使いにくいパソコンで我慢する、パソコンの様々なトラブルに惑わされるということもなくなっていきます。

パソコンの理解が深まる、これが自作パソコンでは最大のメリットともいえるでしょう。