処理速度に影響するメモリー

メモリーは、Windows (OS)やプログラムの起動・動作速度に関わってくる部品です。

メモリーには、デスクトップパソコン用とノートパソコン用のサイズがあります。自作パソコンで使用するのは、デスクトップ用のメモリーです。

このページでは、自作パソコンで使用するメモリーの規格や特徴について解説しています。

大きさ・規格

メモリーは、基盤部分と基板上のチップなどによって構成されています。

基盤部分、メモリー全体のことを メモリーモジュールといい、基板上のチップを メモリーチップ、DRAMチップといいます。

メモリーの規格として、DDR、DDR2、DDR3、DDR4などがありますが、現在の主流は、DDR4です。最近のマザーボードであれば、ほとんどDDR4の対応になります。

メモリー自作パソコン、メーカー製のデスクトップパソコンにおいて標準で使用されるメモリー。

デスクトップ用のメモリーは DIMMといいます。


DDR2DDR2のメモリー。

主にXP、Vistaのパソコンで使われています。切り欠きが右寄りにあるのが特徴。


DDR3DDR3のメモリー。

主に Windows 7の世代。切り欠きが左寄りにあるのが特徴です。


DDR4DDR4のメモリー。

主に Windows 10の世代。DDR2と似ており 切り欠きがやや右寄りにあるのが特徴です。


メモリーにはシールが貼られており、そのメモリーを製造したメーカー名、規格、動作電圧などが記載されています。

メモリーを製造したメーカー名と、メモリーチップに刻印されているメーカー名は同一の場合もあれば、別々の場合もあります。

DDR2、DDR3、DDR4

現在、マザーボードで主に使用されるメモリーは、DDR3、DDR4です。DDR2、DDR3、DDR4は転送速度の違いで、さらに細かく分類されます。

DDR2

  • DDR2-533(PC2-4200)
  • DDR2-667(PC2-5300)
  • DDR2-800(PC2-6400)

DDR3

  • DDR3-1066(PC3-8500)
  • DDR3-1333(PC3-10600)
  • DDR3-1600(PC3-12800)

DDR4

  • DDR4-2133(PC4-17000)
  • DDR4-2400(PC4-19200)
  • DDR4-2666(PC4-21300)

DDR4-2400、DDR4-2666などを チップ規格、PC4-19200やPC4-21300などを モジュール規格といいます。新しいメモリーの規格、数字が大きいほど速くなります。

SPD

パソコンパーツは、基本的な情報を格納している領域 ROMを持っており、BIOS・UEFIはそれを認識して表示しています。

メモリーでは、そのROMのことをSPDといいます。

SPD MemoryCPU-Z、Memoryタブ。

DDRの種類、容量、Dram Freqency。

Dram Freqencyは、実際の周波数、実クロック。実クロックを2倍したものが、メモリーチップの規格、ここでは DDR3-1600になります。

DDRは、ダブルデータレートの略で クロックの立ち上がりと立ち下がりの両方で転送を行うため、実クロックの2倍が一般的に動作周波数といわれるものになります。

メモリーのチップ規格というのは、一秒間におけるデータ転送回数、転送できるbit数を表していることになります。そのためメーカーによっては、DDR4-2400を 2400 MT/sのように表記していることがあります。

DIMMの一度に転送できるデータは64bit(8バイト)であることから、チップ規格を8倍すると メモリー全体の転送速度を表すモジュール規格になります。


速度タスクマネージャー→パフォーマンス→メモリー

DDR4-2400、チップ規格が表示されています。


SPDSPD。

スロット別に、DDRの種類、メモリーモジュールの規格、メモリーモジュールの製造メーカー、DRAMチップのメーカー、型番、個体番号、容量、製造年月日などを知ることができます。


スロットは、一般的にCPUに近いほうから1、2、3、4となります。

複数の異なる規格、例えばDDR3-1333とDDR-1600が混在する場合は、周波数の低いDDR3-1333に合わせて動作します。

下位互換DDR3-1600に、DDR3-1333を追加。

Dram Freqency、転送速度は、DDR3-1333に合わせられます。下位互換性ともいいます。


なお、SPDはモジュールメーカーが製造時に記録しているもので、メモリーによってはいくつか表示されない項目もあります。

XMP

XMPは、Extreme Memory Profileの略。

XMPには、対応しているメモリーと対応していないメモリーがあります。

XMPXMP。

メモリーの拡張設定が書き込まれた プロファイルが用意されており、UEFIで読み込んでメモリーの性能をあげることができます。


UEFIでは、XMPは無効になっているため、XMPに対応しているメモリーであれば、プロファイルを読み込むことでメモリーの設定を変更することができます。

しかし、UEFIでXMPを読み込んで、設定を変更するとUEFI・Windowsが起動しなくなることがあります。上級者むけです。

基本的にXMPを使うことはありません。メモリーでXMP対応とあっても、別途プロファイルを読み込まない場合は、そのメモリーの規格で動作します。

動作電圧

メモリーは、DDRの種類によって動作電圧は異なります。メモリーの容量の増加や速度が大きくなりつつ、動作電圧、消費電力は少なくなっています。

  • DDR2・・・1.8V
  • DDR3・・・1.5V
  • DDR4・・・1.2V

DDR3の低電圧版に DDR3L 1.35Vがあります。対応しているチップセット・マザーボードで使うことができます。

動作電圧DDR3 1.5V。


メモリーの規格や動作の仕様は、半導体標準化団体 JEDECにより策定されており、チップ規格、モジュール規格、動作電圧などは決まっています。

SPDには JEDECの仕様に沿って製造された設定が書き込まれており、BIOS・UEFIでは、特別な設定を行わなければ SPDのJEDECの仕様で動作するようになっています。

容量

メモリーの容量を表す単位はGBです。どれだけプログラムを起動できるか、同時に作業ができるかに影響しています。

メモリーで最も関係しているのはOSです。

32bit OSでは4GBまでのメモリーしか認識できませんが、64bit OSでは4GB以上(8GBや16GBなど)のメモリーを使用できます。

32bit OSでは、どれだけメモリーを取り付けても Windows上で認識・使用出来る範囲は4GBまでとなります。

16GBWindows 7 64bitの自作パソコン。

4GB×4、16GB。


CPUは、直接メモリーとデータ転送を行い、メモリーを制御する メモリーコントローラーを内蔵しています。つまりCPUとメモリーは、パソコンの中核にあり全体的な性能を決めているといえます。

CPUのページIntel CPUのページ。

CPUの世代が進み、性能が向上するにつれ 転送速度の速いチップ規格になり、最大メモリー搭載量なども増えている傾向があります。


またメモリーも、1枚あたりの容量は4GB・8GB・16GBとなってきてきます。

基本的に対応しているメモリーの規格、最大メモリー搭載量というのは、CPUによって決まります。

ただ実際にCPUを使う場合は、マザーボードとの組み合わせになるため、メモリーの規格や最大メモリー搭載量はマザーボードの仕様によって調整されます。そのため最終的な適合メモリーは、マザーボードで確認することになります。

マザーボードの最大メモリー搭載量は 32GBや64GBなどが標準となりつつあります。

また、SSDHDDともアプリケーションやデータを読み書きするために連動しているところがあります。

システムドライブがHDDの場合、CPUやメモリーの処理が高速であるため、HDDの読み書きを待つような局面が多くなり、十分なメモリーを搭載したとしても全体的なパフォーマンスに影響する、他のデバイスが十分に使われないなど、ボトルネックになることが考えれます。

ヒートスプレッダ

メモリーに取り付けられている金属製のものをヒートスプレッダといいます。一部メーカーのメモリーでヒートスプレッダ付きのものがあります。

ヒートスプレッダメモリーをより冷却するために使用されます。

メモリーからヒートスプレッダを取り外すことは基本的にできません。


後付けできるようにヒートスプレッダのみ販売されていることがありますが、この場合は着脱可能です。

また傾向として、XMPに対応しているようなメモリーはオーバークロックすることになるため、発熱対策として このようなヒートスプレッダが付いていることが多くなっていますが、XMPに対応していなくても、ヒートスプレッダは付いていることがあります。

取り付け

メモリーの取り付けは、マザーボードのメモリースロットに行います。

マザーボードによってメモリースロットの数は異なりますが、ATXのマザーボードなら4つ、MicroATXのマザーボードでは2~4つが一般的です。

同じメモリーをそれぞれ同じ色のメモリースロットに取り付けることで、2本1組 デュアルチャネルで動作するようになっています。帯域幅が広がり、理論上 パフォーマンスは向上します。

メモリー取り付け切り欠きを合わせて取り付けます。


色分けメモリースロットは色分けされています。同じメモリーをそれぞれ増設します。


メモリースロット(2GB×2)×2、計8GB。


DDR3DDR3-1600(4GB×2)×2、計16GB。


デュアルチャネルデュアルチャネルで動作。


DDR4DDR4-2666(8GB×2)、計16GB。


近年のメモリースロットは、ロックが片側だけのものが増えています。やや取り付けにくいのですが、メモリーは大きく傾けず スロットに対して垂直に行います。

メモリーは、必ずしもデュアルチャネルにしなければ動作しないというわけではありません。

4GBや8GBのメモリーを1本だけスロットに取り付けるということもあります。この場合、マザーボードのマニュアルに推奨のスロットが記載されていることがあります。例えば、CPUに近い方から2番目のスロットなどです。

また4本のメモリーそれぞれ別々のメーカーで容量も異なる、DDR3-1333とDDR3-1600が混在しているという場合でも、概ね動作します。

対応メモリー

マザーボードのパッケージやマニュアル、Webサイトに対応メモリーの規格が記載されています。メーカーによっては、動作確認済のメモリーを載せていることもあります。

マザーボードの箱対応メモリーの規格や最大搭載可能メモリーが記載されています。

DDR3 1600/1333/1066、MAX 32GBとあれば、対応メモリーは DDR-1600、DDR3-1333、DDR3-1066で、マザーボードには最大で32GB搭載できることになります。


また、DDR4 2666/2400/2133 MAX 64GBなどでも同様です。

いずれも、チップ規格に着目し転送速度の速い DDR3-1600、DDR4-2666などから探していくのが一般的です。

O.Cは、オーバークロックの略で、メモリー規格に(O.C)と記載されていることがあります。DDR3-1600やDDR4-2666より動作周波数の高いメモリーで、オーバークロックメモリーとして市販されていることがあります。上級者むけです。

自作パソコンもメーカー製パソコンも、一般的に使われるメモリーは、Unbufferedであり、Non ECCのメモリーです。自作パソコンで用いるメモリーは、Unbufferedであることから U-DIMMと表記されていることがあります。

レジスタード・バッファと呼ばれる回路を搭載した Bufferedのメモリーやエラーチェック機能を有するECCのメモリーは、主にサーバーで使われます。これらのメモリーは、チップセットやCPUが対応していないと動作しません。

サーバー向けのメモリーは、例えば PC3-12800Eのように モジュール規格の末尾にECC対応を表す Eが付いていることがあります。パソコン向けのメモリーは、PC3-12800のように無印か、PC3-12800Uのように U-DIMMを表すUが付いていることがあります。

ただ、UnbufferedのUであっても ECC対応と記載されていることもあります。このような末尾EやUのメモリーは、一般向けというよりも 主に企業やサーバー向けに使われていたものであり、中古市場に多く流通しています。ECC対応ではないかどうかの確認など 使用する場合はやや注意する必要があります。

また低電圧版は、DDR3LやPC3Lのように チップ規格やモジュール規格に Lが付きます。

メーカー

DRAMチップのメーカーが、メジャーブランドのもの、メジャーブランドの刻印があるものを、総じて メジャーチップということがあります。

メジャーチップのメーカーは、Micron、Elpida、Samsun、Hynyx、infineonなど、これに近いメーカーとして、SEC、elixir、NANYA、Transcendなどがあります。

主に中古メモリーやバルク品などで使われることがある言葉で、メジャーチップと記載がある場合は大抵上記のメーカーが使われています。

メモリーは他に、JEDEC準拠と記載されていることがあり、JEDEC 半導体技術協会の定めた標準規格に基づいて製造されたメモリーであることを示しています。

パッケージ版のメモリーは主に、Crucial、CFD、Team、Transcend、ADATAなどがあります。

販売形態

メモリーは、バルク品とパッケージ品での販売とがあります。バルク品とパッケージ品にはそれほど価格差というのはありません。

バルク品バルク品。主にパソコンショップにおいて簡易包装で販売されています。


パッケージ品パッケージ品。2枚1組で販売されているものがほとんどです。永久保証の製品も増えています。


メモリーはマザーボードと相性の問題で認識されない、動作が安定しないということもまれにあります。

パソコンショップではメモリーを購入すると、相性保証を追加できることがあります。初期不良というのもまれにありますが、バルク品であれパッケージ品であれ定められた期間内であれば通常は無償交換となります。

2020年 現在人気のメモリー

メモリーの現在主流の規格は、DDR4です。

マザーボードの対応メモリーがどの規格か調べてから選びます。基本的にマザーボードに対応しているメモリーを選ぶことになります。

メモリーの総容量としては、4GB×2枚の計8GBが一番人気があります。Windows 7、8やWindows 10でやや重たい作業をすると 4GBでは不足することも多くなっています。

最近のマザーボードであれば 主にDDR4を使いますが、現在の自作パソコンに増設したりする場合は、そのマザーボードに対応した規格を選びます。DDR3のメモリーもまだ販売されています。